PR

【水星の魔女】スレッタとエリクトは同一人物なのか?スレッタの正体を考察してみた。

エレクト・サマヤとスレッタ・マーキュリー ガンダムシリーズ考察
エレクト・サマヤ(左)とスレッタ・マーキュリー(右)
スポンサーリンク

スレッタとエリクトは本当に同一人物?浮かぶ6つの疑問

スレッタ・マーキュリーとエリクト・サマヤが同一人物と言う認識は、水星の魔女のプロローグを見てから、アニメ本編を見ているとなんとなく「エリクトが偽名でスレッタと名乗ってアスティカシア高等専門学園に入学した」出てくると思う。

しかしアニメ本編の前日譚である小説「ゆりかごの星」やプロローグ、本編での時系列を考えていくとスレッタとエリクトが本当に同一人物なのか断定できない点があり、そこがこの説につながっているのだ。

余談だが、「エリクト・サマヤ」が正しい名前だが、「エレクト・サマヤ」と非常に紛らわしく誤って覚えられている可能性が高い。

  1. 疑問①エリクトとスレッタについて
  2. 疑問②ダブスタくそ親父老けすぎ問題
  3. 疑問③スレッタの性格
  4. 疑問④ゆりかごの星で「エリクト」と「エルノラ」の名前が出てこない
  5. 疑問⑤エアリアルの開発期間について
  6. 疑問⑥水星と地球との物理的距離

疑問①エリクトとスレッタについて

エリクトとスレッタ

エリクト(左)とスレッタ(右)

水星の魔女プロローグ時点でエリクト・サマヤは4歳であり、ヴァナディース機関の襲撃に巻き込まれたが、エルノラ・サマヤの操縦するガンダムルブリスに同乗し、父ナディム・サマヤの犠牲もあって辛うじて生還する。

一方スレッタ・マーキュリーはゆりかごの星の時点で16歳、アスティカシア高等専門学園の2年生として水星から転入してくる。

つまりエリクトが4歳で水星に逃れたとすると、アニメ本編で出てくるスレッタは12年後の姿ということになる。

アニメ本編開始の年次はAS(アドステラ)122年なので、エリクトはAS110年に水星に逃れたということになるはずなのだが、ゆりかごの星では年次の記載がないため、ここに考察の余地が生まれているのだ。

 

疑問②ダブスタくそ親父老けすぎ問題

デリング・レンブラン

プロローグの頃のデリング(左)、本編でのデリング(右)

ダブスタくそ親父の異名を持ち、プロローグでヴァナディース機関の襲撃の首謀者でもある「デリング・レンブラン」だが、プロローグとアニメ本編での見た目がかなり異なるように思える。

仮に疑問①で述べた様に水星に逃げてから、スレッタが学園に入学するまでに12年の時が過ぎているとすると、あまりにも彼は年を取りすぎている見た目に見えることから、12年以上の時間が経過しているのではないかという疑問が生じるのだ。

だがこれは個人差や宇宙での生活が環境に身体に与える影響、さらにデリング以外の人物を見てみると、「水星の魔女の世界ではそういうもの」とも捉えられるのだ。

宇宙生活下での筋力の推移

宇宙生活下での筋力の推移について書かれた図

アニメで登場した宇宙生活下での筋力の推移について、地球での生活を青い線通常時、赤い線が宇宙生活として、男女ともに地球上での生活より筋力低下がみられる。

宇宙生活下での筋力の推移について書かれた図

宇宙生活下での筋力の推移について書かれた図のグラフ拡大したもの

特に男性は40代半ばから50歳にかけて地球環境よりも急に低下している。

サリウス・ゼネリ

サリウス・ゼネリ、プロローグの時のサリウス(左)、本編でのサリウス(右)

このことからもプロローグとアニメ本編でも登場した他の人物、サリウス・ゼネリ、ヴィム・ジェタークを見てもこれがこの世界相応の老け方なのかもしれない。

ヴィム・ジェターク

ヴィム・ジェターク、プロローグの時のヴィム(左)、本編でのヴィム(右)

 

疑問③スレッタの性格

スレッタ・マーキュリー

スレッタ・マーキュリー。巷ではミオリネ・レンブラン、グエル・ジェタークなどを虜にしており、水星から来た「魔(性)の女」と言われているとか。

学園でのスレッタは「逃げれば1つ、進めば2つ手に入る」という信念を元に、前向きに明るく活動している様子が描かれている。

しかしゆりかごの星では母親が復讐の鬼になっている様子が分かるし、エルノラにナディムの死について聞かされているはずのスレッタは、水星への過酷な環境も相まって復讐心を持っていて当然である。

にもかかわらず、スレッタがその影響をあまり受けていないように見えるのはなぜだろうか?

仮にエリクト=スレッタが成立するなら、復讐という感情がないように見えるのだ。

 

スポンサーリンク




疑問④ゆりかごの星で「エリクト」と「エルノラ」の名前が出てこない

エリクト・サマヤとエルノラ・サマヤ

エリクト・サマヤ(左)とエルノラ・サマヤ(右)

ゆりかごの星では出てくる主な人物はスレッタがと「お母さん」と呼ばれている2人であり、プロローグで出てきたエリクト・サマヤ、エルノラ・サマヤの名前は記載されていない。

学園や外部であれば偽名を使うのは分かるが、偽名である必要のない水星でのエピソードであるゆりかごの星で彼女らの名前が出てこないのはなぜなのだろうか?

意図的に隠されたミスリードを誘う表現に思えてならない。

また、エリクトはエルノラの事を「ママ」と呼んでいたが、ゆりかごの星では「お母さん」呼んだいた。

これは成長の過程で呼び方が変わっただけかもしれないが、エリクト、スレッタ別人説の伏線ともとらえられるのだ。

 

疑問⑤エアリアルの開発期間について

ガンダムルブリスとエアリアル

ガンダムルブリス(左)とエアリアル(右)

ガンダムエアリアルはスレッタが6歳の時に開発されており、本編開始ではそれから10年が経過していることになる。

つまりプロローグでのガンダムルブリス登場から、水星で僅か2年でエアリアルが製造されたことになる。

ガンダム、Zガンダム、ZZガンダム

ガンダム、Zガンダム、ZZガンダム

これを宇宙世紀で考えるとこの10年はRX78-2ガンダムからZZガンダムが開発されたぐらいの期間ということになり、いくら何でも早すぎるのではないかという疑問沸くのだ。

アニメ3話でシャディクが水星には資金や設備等も十分にないはずだという話をしていたことからも、エアリアルの開発に関する時系列が我々の想定しているものと異なっている可能性が否定できない。

 

疑問⑥水星と地球との物理的距離

水星、金星、地球

左から、水星、金星、地球

水星と地球ではその距離がおよそ9200㎞離れており、その中間に位置する金星と地球との距離は約4100㎞と水星からの約2倍離れている。

プロローグの後、ガンダムルブリス単機でエリクトとエルノラが水星に即座に向かったとすれば、何の準備もなしにたどり着くことができるだろうか?

(ルブリスにはエルノラ襲撃に際し、急いで乗り込んでおり航行に向けての準備をしている様子は見られない。)

仮に水星に向けて移動したとしても、必ずどこかで補給や準備が必要だろうし、プロローグでナディムの出向元であるオックスアースとの連絡も行い支援等を受けたはずである。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スレッタがエリクトでない場合考えられる、4つのスレッタの正体

エリクトとスレッタ

エリクト(左)とスレッタ(右)

このことからゆりかごの星の話はAS110年の話ではないと考えられ、時系列が異なるため、それに伴いスレッタの正体に4つの可能性が生じるのだ。

  1. スレッタはエリクトの娘
  2. スレッタはエリクトのクローン
  3. スレッタはエリクトの外見をした全くの赤の他人
  4. スレッタはエリクトの妹で姉妹

可能性1では、スレッタがエリクトの娘であった場合、スレッタの性格についての疑問は解消される。

水星という過酷な環境であっても、エリクトの父(祖父)ナディムの話を聞いていても、そこまで負の感情にひきづられない成長をする可能性は十分に考えられる。

可能性2のスレッタがエリクトのクローンと言う説については、GUND技術が進んでいる水星の魔女の世界ではクローンを作るのは造作ない話だろう。

ミオリネの「水星ってお堅いのね」という発言から考えても、同性婚が一般的であれば、子どもが欲しい人はクローンを作るという流れもありえなくない。

(なんせ我々の世界とは常識は異なるのだから否定できない)

6話「鬱陶しい歌」の放送で、急浮上した説として「エリクト・サマヤ=エアリアル」と言う説も浮上してきている。

ガンダムエアリアル

6話にてファラクトのガンビットを、ガンビットのバリアで防ぐエアリアル(左)、青白い子供の様な姿が宇宙に浮かぶ(右)

6話でのエラン・ケレスとの決闘で、ガンビットを展開したエアリアルから青白い子どもの姿が現れたことや、謎の子どもの声を聴いてもスレッタは「いつも聞いている(が今回はいつもよりも聞こえる)」といった発言からこのような考察も出てきている。

エアリアル本体にエリクトが何らかの形で入っており、スレッタは生体パーツとしての何番目かのクローンなどではないか?とより業の深い説もあるのだ。

ちなみにこの場合だとエリクトのクローンだとすれば、ゆりかごの星の年次がAS110でも違和感はない。

エラン・ケレス

強化人士4号のエラン(左)と本物のエラン様(右)

可能性3についてはアニメ6話の放送で、強化人士4号であるエラン・ケレスと本物のエラン様が面会したシーンの様に、顔だけエリクトで中身は別人と言う可能性も否定できない。

この点を考えると、よりスレッタの性格が明るいのはエリクトの様に復讐と無縁だからと合点もいく。

(ではなぜ別人がエリクトの外見なのか?という新たな疑問が生じるが。)

プロスぺラ

プロスぺラ、右は仮面を取った素顔

またスレッタとエリクトが同一人物でない場合、プロスぺラがエルノラではなくエリクトである可能性も出てくるのだ。

エリクト・サマヤ

14話にて、ソフィが最後に見たものはエリクト・サマヤだった。

可能性4については14話「彼女たちのネガイ」で『エリクト・サマヤ=エアリアル説』が補強され、スレッタとエリクトは別の存在であることがほぼ確定し、姉妹である可能性が急上昇した。

  • クワイエット・ゼロのトリガーはエアリアルであり、ソフィが「お姉ちゃん」として追い求めていたのは、スレッタではなく、エリクト・サマヤだった。(ソフィもスレッタあんたじゃないと言う発言をしている。)⇒やたらソフィはスレッタに「お姉ちゃん」という呼び方をしていたが、実はこれこそが、エリクトとスレッタの関係性の伏線となっているのではないだろうか?
  • ベルメリアの「あなたにはもう一人娘さんがいましたよね?」と言う発言に対し、否定しないプロスペラ。
  • エリクトはスレッタのすぐそばにいると言うプロスペラの発言に対し、ベルメリアの「人間が…MSに…」と言う反応。
    これに対し「あの子は新しい身体を手に入れた。喜んで。エリーこそは私たちの目指すGUNDの未来よ」とプロスペラは返答。⇒GUNDは人体の機能拡張技術であるため、エリクトをGUND技術で拡張した結果がエアリアルということになるのではないだろうか?
エアリアル改修型

エアリアル改修型。

この場合、プロローグやそれ以降でプロスペラは妊娠中だったことになり、これまでの「エアリアルは私の娘」と言う発言はそのままの意味、時系列な矛盾もなくなくなる可能性が高い。

おまけにスレッタとエリクトの見た目が似ているが性格が違うというのも全く不自然ではなく可能性3で浮上した疑問点は解消される。

ただこの場合でも、以下は現時点でも不確定要素である。

  1. エリクトは心身ともにエアリアルそのものなのか?エアリアルの中に閉じ込められており、厳密には別の存在なのか?
  2. スレッタは本当にプロスペラと血縁関係があり、エリクトの妹なのか?
プロスペラ

いつもの狂気じみた感じで、ベルメリアにエリクトのためにクワイエット・ゼロ計画への参加を促す。

16話「罪過の輪」では、プロスペラとベルメリア会話から、以下のことが判明した。

  • ガンダムルブリス=エアリアル改修型の機体
  • エリクトは生体コードとしてデータストームのネットワークを使って転換することで、エアリアル内に存在させている
  • 現時点では現実世界の物理空間に生体コードとなっているエリクトを出すことはできない

上記のことから、正確にはエアリアルとエリクトは厳密には別の存在であり、エリクトの存在維持のためにエアリアル(ルブリス)という器が用意されているようだ。

エリクトとスレッタ

ルブリスの上で動かなくなったエリクトと何もしならない赤子のスレッタ。なおスレッタ自身はデータストームで赤くなっていたため元々適性がなかった様子。

18話「空っぽな私たち」では以下のことが分かり、スレッタ・マーキュリーは、エリクトの妹説が濃厚になってきた。

  • ガンダムルブリスのデータストームに適性があったために取り込まれて動かなくなるエリクトと悲しむエルノラ
  • 何も知らない赤子のスレッタ

それでもまだ残されたスレッタ・マーキュリーとはいったい何なのか?エリクトとの関係性はどうなのか?は断言されていない。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スレッタとエリクトが同一人物なのかについてツイッターでの反応

ツイッター上ではスレッタのエリクトが同一人物かについて賛否両論あるが、どちらかと言うと6話の放送以降から別人説の主張が多いように思える。

  • スレッタとエリクトが同一人物派
  • スレッタとエリクトは別人派

スレッタとエリクトが同一人物派

↑スレッタとエリクト同じ人説の人。

エアリアルが識別しているというところを根拠にしているようだ。

↑エリクトがGUNDフォーマットの悪影響で発育に影響が出たため、時系列的におかしいという説のようだ。

https://twitter.com/auchi_k/status/1590494721788768256

YOASOBIのOP「祝福」からスレッタ=エリクトと考える人。

↑別人説こそ、公式のミスリードを誘う演出と考える人も。

GUND技術があるなら確かにコールドスリープの技術があってもおかしくない。

↑この人もコールドスリープ説や別人説ミスリードを信じているようだ。

↑同一人物であって欲しいというもはや願望だけの人もいる。

https://twitter.com/yotoga_get/status/1590188722435526656

↑スレッタ=エリクトを信じたい人その2

 

スポンサーリンク



 

スレッタとエリクトは別人派

↑プロローグでの年を考えるとつじつまが合わないため別人ではないかという疑問がわいているようだ。

↑エリクトとスレッタ別人説に確固たる自信があるようだ。

↑スレッタ、エリクト別人説の人。

プロローグでエルノラが妊娠していたというが、この場合だとスレッタはエリクトの妹という説も考えられる。

↑エリクト=エアリアル説も浮上中。

↑アニメ本編での発言からこの人もエリクト=エアリアル説について考えているようだ。

↑6話までのところではエリクト=エアリアルだとスレッタの父親が誰なんだという疑問を持つ人も。

これに対する答えは「父親なんていない。クローンだから」と言う可能性がある。

https://twitter.com/hynehyne/status/1589181660247265285

↑スレッタがエリクトのクローン説を上げている人、ガンビットに「みんな」と声をかけている理由などを述べているが、かなり業の深い内容だ。

↑ガンダムUCのマリーダ・クルスの呼称だった「プルトゥエルブ」に倣い、エリクトトゥエルブ説を上げる人。

スレッタ、エリクト別人説を挙げた上で、ミオリネとスレッタの関係も考察する人も。

↑スレッタの事を想うとつらい考察過ぎる。

せめてスレッタにも愛情は持っていてくれ。

エリクトと同一人物であってもなくても!!

 

スレッタ、エリクト別人説に関する追記情報

話数が進むにつれ、以下の様な情報が開示されたことでスレッタ、エリクト別人説が濃厚になってきた。

  • 7話「シャル・ウィ・ガンダム?」でプロスぺラがミオリネに対し、プロローグでのヴァナディース機関襲撃が21年前と言及。
    ⇒プロローグからすぐに本編につながっているとすると、スレッタの年齢が合わないのが確実に。
  • 8話「彼らの採択」で、ミオリネがヴァナディース機関紹介pvを地球寮メンバーにメ見せた際、紹介をするカルド・ナボについてスレッタは「誰ですこの人?」と知らない様子だった。
    ⇒プロローグの時にエリクトは4歳なので物心もついていないだろうから、当時のことを覚えていないにしろ、写真やら、母親(プロスぺラ)からの話でカルドの事を知っていてもおかしくないはずなのだが、全く知らない様子なのが疑わしい。
  • 11話「地球の魔女」で、「クワイエット・ゼロ計画」のため、プロスぺラはデリングと密談し、デリングにプロスぺラ自身のことを「エルノラ・サマヤで呼んでも構わない」と告げる。
    ⇒プロスぺラ=エルノラの成立は確実だが、以前スレッタとエリクトが同一人物でない可能性は残っている。

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 水星の魔女プロローグ、本編、ゆりかごの星を考えると時系列に疑問が生じ、そこからスレッタはエリクトと同一人物でない可能性が浮上した。
  • スレッタがエリクトと同一人物でない場合、エリクトの娘、クローン、外見だけ成長したエリクトの別人の3つの可能性がある。
  • ツイッター上では賛否両論あり、何とも言えないが、今後の展開が気になるばかりである。
【水星の魔女】12話(最終話)のスレッタはなぜ笑っていたのか?考察してみた。
12話のスレッタが笑っていた理由は「エリクト・サマヤ」が関係していたから? 12話のラスト、デリング抹殺のためフォルドの夜明けの兵士が銃口を彼とミオリネに向ける中、スレッタは改修されたエアリアルで駆け付け、「やめなさい!」と言ったと同時に何...
【水星の魔女1期】各話のネタバレあらすじとツイッターでの反応を簡単にまとめてみた。
【水星の魔女】全12話のあらすじ この記事は水星の魔女アニメ1期のネタバレを含む、あらすじを紹介するものである。 なお、登場した機体に関してはこちらを参照して欲しい。 第1話「魔女と花嫁」 第2話「呪いのモビルスーツ」 第3話「グエルのプラ...
【水星の魔女】「水星ってお堅いのね」とはどういう意味か?調べてみた。
【水星の魔女】水星ってお堅いのねとは何なのか? 水星ってお堅いのねの概要 水星ってお堅いのねへのツイッター上の反応 ①水星ってお堅いのねの概要 水星ってお堅いのねは水星の魔女の1話「魔女と花嫁」で、ミオリネ・レンブランが、主人公スレッタ・マ...
【水星の魔女】ダブスタクソ親父とはどういう意味なのか?調べてみた。
ダブスタクソ親父とは何なのか? ダブスタクソ親父の概要 ダブスタクソ親父へのツイッター上での反応 ダブスタクソ親父関連の動画 ①ダブスタクソ親父の概要 ダブスタくそ親父は、水星の魔女第2話「呪われたモビルスーツ」で、ミオリネ・レンブランが彼...
【水星の魔女】「ロミジュリったら許さないからね!」とはどういう意味か?調べてみた。
【水星の魔女】ロミジュリったら許さないからね!とは何なのか? ロミジュリったら許さないからね!の概要 ロミジュリったら許さないからね!へのツイッター上の反応 ①ロミジュリったら許さないからね!の概要 ロミジュリったら許さないは、水星の魔女5...
【水星の魔女】株式会社ガンダム社歌(pv)の株式会社ガンダムについてまとめてみた。
株式会社ガンダム社歌(pv)について 株式会社ガンダム社歌(pv)は、水星の魔女8話「彼らの採択」でミオリネ・レンブランが社長を務める、株式会社ガンダムの企業紹介動画である。 ガンダム、ガンダム 希望の光ぃー ガンダム、ガンダム 未来を目指...
【機動戦士ガンダム】水星の魔女に登場した全62体のモビルスーツや機体まとめてみた。
【全62体】水星の魔女に登場するモビルスーツ・機体 この記事は、機動戦士ガンダム水星の魔女のアニメに登場する、すべてのモビルスーツや機体をまとめた記事である。 水星の魔女プロローグに登場した機体は、こちらの記事にまとめてある。 また、機体に...
【機動戦士ガンダム】水星の魔女プロローグに登場する機体一覧6体まとめてみた。
水星の魔女に登場した機体6体 この記事は水星の魔女プロローグに登場した機体をまとめた記事である。 水星の魔女アニメ1期に登場した機体についてはこちらの記事にまとめてある。 またまた、アニメ2期に登場する機体(初登場はプロローグだが、2期でも...