アナハイム・ラボラトリー・ログ 【第8回】「プロト・メガライダー」「AE仕様ジム改」を読んだネタバレ 感想!!

プロト・メガライダーとジム改アナハイム・ラボラトリー・ログ
プロト・メガライダーのメガランチャーでコロニー外壁を破壊し脱出を試みる。

前回、MSの支援機開発をアナハイムは行い、その結果、「FXA‐08R-X1 プロト・メガライダー」の開発に着手することとなった。

 

そして完成したプロト・メガライダーは運用実験を廃棄コロニーで行うが、そこではトラブルに巻き込まれるのであった……。

 

今回はそんなプロト・ライダーのその当時のトラブルの全貌、そしてプロト・メガライダーの運用実験に随伴した2機の「ジム改」について紹介していきたいと思う。

 

 

スポンサーリンク

予期せぬ爆発

模擬弾の爆発

模擬弾の爆発

プロト・メガライダーは廃棄コロニーで設定されたプログラムに従い、模擬弾の迎撃を行っていた。

 

そんな中4発目の模擬弾に攻撃を命中させた途端突如爆発を起こし、模擬弾の中に実弾が混ざっていたことが判明したのだった。

 

だが実弾は複数発混ざっており、それらが収められているミサイルポットは当初の予定の意に反し、コロニー内で無差別に暴発、その結果、コロニーが崩壊をはじめてしまったのだ!!

 

この危機的状況にプロト・メガライダーの運用支援でついてきていた2機のジム改は、そばにいたランチとプロト・メガライダーの護衛にそれぞれ動く。

 

迫りくる障害物と唸るメガランチャ―

コロニー

コロニーのイメージ

一刻も早くこの瓦解していくコロニーからの脱出と、外にいる輸送艦との合流を目指し移動を始めるプロト・メガライダーとジム改だったが、コロニー内のヘリウム3ガスの爆発が起きたり、コロニーの障害物が行く手を阻んだりと退避は容易ではなかった。

 

そこで、プロト・メガライダーに向かったジム改のパイロット「ケリー・イースト」中尉はメガライダーの「メガランチャ―」でコロニーの外壁を破壊し、その破壊穴からの脱出を提案するのだった。

 

当初予定にはなかったメガランチャ―の発射であり、(と思われる)、発射後に破壊穴からメガライダーも脱出できるかは不確定であったが急遽ジム改からのエネルギーも借用しそれは発射された。

 

その結果、2機のランチとその護衛のジム改、そして半壊したプロトライダーとその上のジム改は辛うじて、全壊したコロニーからの脱出を図ることができたのだった。

 

また今回の運用実験でのトラブルの主犯はアナハイム内のジオン派によるものであることが分かったが、プロト・メガライダー自体は、「メガライダー」としてアーガマ隊に搬入されるのであった。

 

今回登場したMS

RGM‐79C「ジム改」

RGM‐79C「ジム改」

RGM‐79C「ジム改」センサーライト搭載型一般機

連邦の主力MSがジムⅡになる頃でもアナハイムでは非戦闘用という事もあり、本機を運用している。

 

特長としてはコックピットは全天周モニターを搭載し、肩部に暗所作業用のライトや、運用データ収集とその転送に外部センサーが取り付けられていること。

 

RGM‐79C「ジム改」センサーライト搭載型 指揮官機

RGM‐79C「ジム改」センサーライト搭載型 指揮官機

↑指揮官機

 

今回の運用実験では一般機と、脚部に予備推進機とプロペラントタンクの一体型の装備が付いた指揮官機が使用された。

 

また非戦闘用のMSではあるが武装も一応あり(設定としては?)60㎜バルカン、ビーム・サーベル、ジムⅡ用ビーム・ライフル、シールドをもつ。

MG 1/100 RGM-79C ジム改 (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

新品価格
¥2,025から
(2017/7/10 01:00時点)

 

まとめ

  • コロニーでのアクシデントはあったが、プロト・メガライダーの火力と実力は確かなものだった。
  • どうでもいいことだが、アナハイムラボラトリーシリーズは以前はPDFで閲覧だったのに、専用のブックリーダーの仕様になり、拡大縮小が今一つ上手くいかないので不便。だからなんだという話であるが、もう少し改善していただけたらありがたいものだ……。
アナハイム・ラボラトリー・ログ 【第1回】クワトロ専用MS「ガンダムMkⅢ8号機」を読んだネタバレ 感想!!
アナハイム・ラボラトリー・ログのあらすじ この作品はUC100年、ガンダム世界の一大企業、「スプーンから宇宙戦艦まで」をスローガンに掲げるアナハイム・エレクトロニクス社に関するものである。 ある時、同社では、これまで公にされ...
アナハイム・ラボラトリー・ログ 【第2回】クワトロ専用MS「ガンダムMkⅢ8号機」を読んだネタバレ 感想!!
シャア、いやエゥーゴのクワトロバジーナ大尉専用機として開発された、「ガンダムMk-Ⅲ8号機」(以下8号機)について取り上げたが、今回はその続きの話である。 それにしても月半ばで通信制限に入ってしまった著者にとって、PDFファイ...
アナハイム・ラボラトリー・ログ【 第3回】ティターンズ仕様の「ジム・スナイパーⅡ」と「ペイルライダーDⅡ」を読んだネタバレ 感想!!
1回目、2回目とクワトロバジーナ専用機「ガンダムMk-Ⅲ(8号機)」について見てきたが、まだまだガンダム世界の歴史の陰に隠れた機体は多い。 2回目では8号機についてより、それと交戦したアクシズの「ドラッツエ改(重装備)」にやた...
アナハイム・ラボラトリー・ログ 【第4回】「シャア専用ドワス改」「(高機動)ガルバルディα 」を読んだネタバレ 感想!!
前回、月グラナダのティターンズ、エリアス大尉の第7小隊は、サイド3のジオン共和国に向かう謎の船団を確認する為出撃した。 ジム・クゥエル、ジムスナイパーⅡ、ペイルライダーDⅡの4機で構成された正体は、その不審な船団を発見し、接近を試みる...
アナハイム・ラボラトリー・ログ 【第5回】メタスプロジェクトの試作機「メタスX-1」 を読んだネタバレ 感想!!
今回はアナハイムがMSの発想や運用の転換点となった「アッシマー」の登場と、それに対抗して後に計画された「Zプロジェクト」に関連する機体を紹介する。 MSアッシマーの登場と「Δプロジェクト」 MSは運用状況に合わせて武装を...
アナハイム・ラボラトリー・ログ 【第6回】メタスプロジェクトの試作機「メタスX-2」「メタスX-3」 を読んだネタバレ 感想!!
前回「大気圏単独飛行可能なMS」開発に端を発したアハナイムの可変MS開発は、「Δプロジェクト」などの失敗を経て、メタスフレームを用いた「メタスプロジェクト」と「MSA005‐メタス」の試作機「メタスX‐1」の開発にこぎつける。 ...
アナハイム・ラボラトリー・ログ 【第7回】「プロト・メガライダー」 を読んだネタバレ 感想!!
前回まではアハナイムの可変MS開発をめぐる話題の中、メタスフレームを用いたメタスの3機の試作機とその影響などについて紹介してきたが、今回は、ガラッと話題が変わり、「MSの支援機開発」……メガライダーの試作機について紹介する。 見直...

タイトルとURLをコピーしました