【ガンダムブレイカーモバイル】オリジナルガンプラを作ってみた【104、105体目】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ガンダムブレイカーモバイルでの104体目のガンプラ

 

 

ガンプラの構成パーツ

頭部パーツ:ランチャーストライクガンダム

ボディパーツ:ガンダムバルバトス(第4形態)

腕パーツ:ガンダムアルテミス

脚パーツ:ガンダムAGE-1 タイタス

背中パーツ:ガンダムXディバイダー

接近戦用武器:アロンダイト(ガンダムアルテミス)

遠距離用武器:ビームマグナム

シールド:ビームシールド(ガンダムアルテミス)

パイロットAI:シン・アスカ

 

ギア

物理耐性(+500)

 

カラーリング

ガンダム(頭部パーツ)

ガンキャノン(ボディパーツ、接近戦用武器)

ザクマインレイヤー(背中パーツ)

ウイングガンダム(遠距離戦用武器)

ガンダムAGE-1 タイタス(腕パーツ、脚パーツ、シールド)

 

ガンプラの能力

耐久力:3822

格闘攻撃力:5684

射撃攻撃力:4753

格闘防御力:4290

射撃防御力:5131

ビーム耐性:1623

物理耐性:1377

 

EXskill

パルマフィオキーナビーム砲

ツイストバスター

ビームハックβ

 

発動ワードタグ

(主人公機)

(高火力)

 

104体目のガンプラの感想

ホワイトデビルG。 総合戦闘力は307709。

 

パイロットAIのをクリスから、シン・アスカに変更して、カラーリングも赤をベースに設計しなおした。

 

名前のホワイトデビル感とは矛盾がある気もするが気にしない。

 

パルマフィオキーナビーム砲やアロンダイトなんかを見ていると、

 

シンの本来の乗機、デスティニーガンダムガンダムに見えてこなくもないような見えてくるような。

 

ともかくここまで成長しているので、今後の活躍は確証されているも同然。

 

大暴れしてもらえることに期待。

 

そういえば、この機体はアムロ→クリス→シンと歴代ガンダムパイロットたちに乗り継がれているが

 

名は体を表すということなのだろう。

 

ガンプラ RG 1/144 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII (機動戦士ガンダム)

新品価格
¥1,892から
(2019/12/31 13:24時点)

ガンダムブレイカーモバイルでの105体目のガンプラ

 

 

ガンプラの構成パーツ

頭部パーツ:ガンダムXディバイダー

ボディパーツ:ブルーディスティニー1号機

腕パーツ:ブルーディスティニー1号機

脚パーツ:ブルーディスティニー1号機

背中パーツ:ランチャーストライクガンダム

接近戦用武器:ヒート・サーベル(グフ)

遠距離用武器:レギルスライフル

シールド:シールド(BD1)

パイロットAI:ランバ・ラル

 

ギア

格闘攻撃力(+1000)

 

カラーリング

ブルーディスティニー1号機(全パーツ)

 

ガンプラの能力

耐久力:2377

格闘攻撃力:2749

射撃攻撃力:2206

格闘防御力:2096

射撃防御力:2201

ビーム耐性:1055

物理耐性:837

 

EXskill

オフェンスアップγ

腹部有線ミサイル

ビームサーベルコンボ

 

発動ワードタグ

(接近戦)

(砂漠適正)

 

105体目のガンプラの感想

デザート・ブルー。 総合戦闘力は161462。

 

前回からの変更点としては腕パーツを☆5のブルーディスティニー1号機に変更したことが主である。

 

全ての構成パーツが☆4以上なので必然的に戦闘力も高めになっているが、砂漠適正の発動機会が意外とないので、

 

その本領を全て発揮できることはなさそうである。

スポンサーリンク