『ロボネタッ!』

『機動戦士ガンダム』シリーズのネタを中心に、いろんな「ロボット」に関する事を紹介するブログ。アニメ、「ス-パーロボット大戦」等のゲーム、マイナーなMS紹介など、個人的に気になることや、おすすめのもの、その感想を「独断と偏見」で書いていきます!!

SDガンダム・ザ・ラストワールド 機動戦士ガンダム 矢立文庫

SDガンダム・ザ・ラストワールド 第2話 を読んでみたネタバレ 感想!!

2017/08/11

公開から数週間たつが、著者は事情があり(サボっていたから)読んでいないので、個人的な感想として続きを見ていくことにする。

 

前回↓SDガンダム・ザ・ラストワールド-【第1話】を読んでみたネタバレ感想!!

SDガンダム・ザ・ラストワールド-【第1話】を読んでみたネタバレ感想!!

 

前回のあらすじを簡単にまとめると、トーキョに突如現れた謎のガンダム「ザ・ゴールド」により町は無人となった。

 

そんなとき、またしても突如として現れた閃風忍者エクシアは、状況も分からないまま敵と戦い、その中で殺駆族の頭、殺駆頭(ザクト)とである。

 

そこでいろいろあって、忍者エクシア、殺駆頭は共に黄金のガンダム像を目指し、Gソウルを集める旅に出ることとなったのだ。

画像は全て、http://www.yatate.net/より

 

第2話「荒ぶる魂 ―Gソウル―」

旅を続けていた忍者エクシア、殺駆頭は、無人のトーキョの中心「トチョー」を目指していた。

 

そんな彼らの前に、またも!?突如として「GARMS(ジーアームズ)空戦部隊のリーダー」を名乗る負傷した「ガンセイヴァーΖ」が現れた。

 

ガンセイヴァも忍者エクシアや殺駆頭と同様に謎の黄金のMSに召喚され、この地に降り立ったそうで、弾薬の補給もなく戦ってきたという。

 

そんな傷ついた彼の手当てをしていると、さらに「武者荒烈駆主(むしゃアレックス)」が唐突に表れ、殺駆頭も知らぬその武者は息つく間もなくガンセイヴァーに戦いを挑む。

 

負傷もあり、戦う力も残されていないガンセイヴァーは、エクシア・殺駆頭が戦いを止める間もなく、荒烈駆主の刀をその身に受け、Gソウルとなり武者に力を吸収されてしまったのだった。

 

そしてガンセイヴァーを倒した荒烈駆主自身も戸惑う内に、ガンセイヴァーから得たパワー、Gソウルは高まっていき、瞬く間に彼を四肢の長い巨神体となるのだった。

 

エクシア・殺駆頭はこの暴走する巨神に驚く中、またもガンダムが現れる。

 

それは神器を纏った、「神聖騎士ウイング」である。

 

彼は自身が探す天使族の姫(リリーナ?)の居場所を知っていたであろう、ガンセイヴァーを荒烈駆主に吸収されたことに怒りを感じており、

 

この巨神に攻撃を仕掛けるのであった。

 

猛攻を仕掛ける神聖騎士ウイングだったが、巨神となった荒烈駆主のパワーは凄まじく、ただ暴走を続ける……。

 

スポンサーリンク
 

 

感想

あまりにも唐突な展開過ぎて何とも言えない。

 

突如味方として?現れたガンセイヴァーZは、咬ませ犬の如く荒烈駆主にあっさりやられた。(どうやら互いに仲間をやられ、仇どうしだったようだが。)

 

そして唐突に神聖騎士ウイングは攻撃を仕掛けるし。(こちらは中のヒイロのことを?考えればある意味自然。)

 

一言で言えば、「SDガンダムのバーゲンセール」という感じである。

 

何となくだが、ザ・ゴールドは、ガンダム同士のコロシアムをさせて、SD「ガンダム」を名乗るにふさわしいガンダムを決めることが目的ではなかろうかと思えてきた。

 

余りにもSDに限らず、「ガンダム」(タイプ)は増えすぎた。

 

さすがに等身大「ガンダム」でやるわけにはいかないので、仕方なく?増えすぎた「ガンダム」を粛正するため、

 

「ガンダムの在庫処分」を至上命題として行われた作品なのではないだろうか??

 

もっとも、その可能性は限りなく低いが、いろいろ複雑になりつつあるガンダム世界、「一度ゼロに戻したい」そう思う誰かがいてもおかしくはない…かも?

 

スポンサーリンク
 

 

機体紹介

ガンセイヴァーΖ

『SDコマンド戦記』に登場した、中央大陸マゼランの戦闘部隊GARMS空戦部隊長で、元はZガンダムだったが、コマンダーガンダムによる特訓と(魔)改造を受けてこの姿となる。

 

敵対勢力であるザタリオンとの交戦中に突如トーキョに飛ばされ、ザ・ゴールドのガンキャノン形態?にGソウルのことを教えられ、ソウル争奪戦?に参加する。

 

ちなみに、彼自身は荒烈駆主の仲間を倒した記憶がないらしく、記憶喪失なのか?荒烈駆主の勘違いなのか不明だが、真相はわからないままGソウルとなってしまった。

 

武装に毎分8000発連射可能な「可変式バルカンライフル」をもち、

 

巡航形態の「ジェットモード」と超音速形態の「マッハセイヴァモード」の飛行形態へと変形可能とのこと。

 

武者荒烈駆主

『SD戦国伝(風林火山編)』に登場した2代目頑駄無大将軍の「光の玉」の1つ、アスの玉を持つ「荒五郎(あれごろう)」が成長し武者となった姿。

 

3代目頑駄無大将軍が力を取り戻し、闇皇帝との戦いの最中にトーキョに飛ばされることとなる。

 

ザ・ゴールドのガンタンク形態?にGソウルのことを教えられ、仲間を倒したという「ガンセイヴァーΖ」とは幾度も交戦し仇を取ることを狙っていた。

 

そして、宿敵?を倒しGソウルを手に入れると、彼の背後に「武神の神器」が現れそれと融合し、巨神体となるが、エネルギーを制御できず暴走してしまうのだった。

 

武神の神器を装着した状態(↓画像右)だと、大目牙武神砲(オオメガジンホウ)という砲撃?が可能であり、

さらにこの状態で鬼機爪(クロー)を装着し(↑画像左)愛刀「烈風丸」とナギナタを持つと、一騎当千の必殺技「烈風乱舞」を放つことができるようだ。

BB戦士 武者荒烈駆主 (51)

新品価格
¥2,050から
(2017/1/22 16:42時点)

 

まとめ

SDガンダム同士の潰し合い、Gソウル争奪戦となっているトーキョ。

 

これからエクシア達はどうなるのか?ザ・ゴールドの思惑は一体何なのか?

 

息つく間もない展開となってきたが、次回が気になるばかりである!!

 

スポンサーリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

アドセンス 関連広告

-SDガンダム・ザ・ラストワールド, 機動戦士ガンダム, 矢立文庫
-, , ,