『ロボネタッ!』

『機動戦士ガンダム』シリーズのネタを中心に、いろんな「ロボット」に関する事を紹介するブログ。アニメ、「ス-パーロボット大戦」等のゲーム、マイナーなMS紹介など、個人的に気になることや、おすすめのもの、その感想を「独断と偏見」で書いていきます!!

ロボット・AI系のニュースなど

Googleの人工知能が「情報の暗号化」学習成功な件について!!

2017/08/11

グーグルのAI研究チーム「グーグル・ブレイン」によれば、愛称「アリス」「ボブ」「イヴ」の3機(人?)が自ら処理を行う情報を、暗号化する方法を学習することに成功したという。

 

angelsatmamre-trinity-rublev-1410

画像出典:Wikipediaより

彼ら(?)3機は、人間の脳の神経回路の仕組みを模した学習能力を持つ、コンピュータである。

 

アリスは暗号化されたメッセージをボブに送り、ボブはそのメッセージを(暗号化を解除して)解読する。

 

そしてイヴは、アリスとボブの間で行われている(暗号化された)会話の暗号化の解除して、読み取ることを試みたという。

cryptography-1091254_960_720

画像出典:Pixabayより

彼ら3機は、いずれも暗号化を行う方法を事前に学習しておらず、15万回のシミュレーションを行った。

 

その結果、アリスメッセージの暗号化、ボブはその解読に成功したが、イヴは、暗号化されたメッセージを解読することはできなかったという。

 

人間はうっかりミスで大事な個人情報などの重要な機密を流失してしまうことが多々あるが、人工知能であればまずこのような失態はない(はずである。)

 

その為、うまく活用できれば、慎重に取り扱わなければならない情報の機密性を人工知能により高めることができると言えるだろう。

スポンサーリンク

 

AIの暗号化学習成功の不安……。

この反面、デメリットやリスクも大きく不安を抱かざる負えない部分がある。

images

画像出典:Wikipediaより

SFや映画の世界では、人工知能が暴走し、人類は大混乱をきたすという「悲劇のシナリオ」がより現実味を帯びてきたとも言えるのだ。

 

(個人的には、)グーグルはともかく、マイクロソフトのAIはかなり不安である。

 

WindouwsPCの脆弱性が露見しても対応も遅く、AI部門に本腰を入れるのも非常に遅かった。

 

現在、世界的に大きな影響をマイクロソフトは持つ故に、AIが導入されても、すぐに広まるだろう。

 

穴だらけなセキリティ耐性のAIしか作れなさそうな(と思う)マイクロソフトが、そのリリースすれば「最悪のシナリオ」が確実になる気がしてならないのだ。

 

将来、AIに重要な機密を全て任せる時代が到来するかもしれないが、それ以前に安全性の確保も同時進行で確立しなけばならないだろう。

1/144 HGBF パワードジムカーディガン (ガンダムビルドファイターズトライ)

中古価格
¥1,395から
(2016/11/3 19:33時点)

 

まとめ

・AIは確実に進化を遂げ、人類以上の成長性で社会に登場する日も近い。

・開発も大事だが、リスクも非常に大きい、安全性の確立の同時進行は、AIの発展以上に必要だと言えそうだ。

 

スポンサーリンク

アドセンス 関連広告

-ロボット・AI系のニュースなど
-