『ロボネタッ!』

『機動戦士ガンダム』シリーズのネタを中心に、いろんな「ロボット」に関する事を紹介するブログ。アニメ、「ス-パーロボット大戦」等のゲーム、マイナーなMS紹介など、個人的に気になることや、おすすめのもの、その感想を「独断と偏見」で書いていきます!!

ロボット・AI系のニュースなど

AI技術導入で「日本経済は成長」するらしい件について

2017/08/11

大手コンサルティング企業のアクセンチュアによれば、2035年にはAI(人工知能)技術の活用で、先進国の年間経済成長は倍増するそうである。

 

先進12カ国を対象としてAI導入の影響を試算したもので、

20161117-00000067-zdn_mkt-000-0-view

AIの影響が入らない経済成長予想(従来)の「ベースラインシナリオ」と、AIのAIの影響力が市場に浸透した予想の「AIシナリオ」を比較すると、

 

日本ではAIシナリオでの経済成長は、ベースラインシナリオの3倍もの成長が見込めるというのだ!!

 

ちなみに一番AIの導入で経済成長に恩恵があるのは「米国」で、2035年には年間8.3兆ドルにも上るという。

imgres

画像出典:Pixabayより

また、AIによる労働生産性についても、日本では約35%もベースラインシナリオに比べ生産性が向上するそうで、

 

経済成長を望むならば「AI技術」に対し真剣に取り組むべきなのかもしれない。

スポンサーリンク

 

感想

2016年現在から数十年後、AIは日本に恩恵をもたらしてくれるという、(経済の面だけを見れば)明るいニュースに違いないだろう。

 

しかし、遅すぎるというのが率直な意見である。

 

1国民として、あと数十年先のことを考えるより、「明日の生活を改善して欲しい」のが本音であり、大多数の「正義」である。

dobai

画像出典:Wikipediaより

皮肉って見れば、AIの恩恵を被るのは「企業や金持ちだけだろう」というふうにしか思えない感情が渦巻く。

 

彼らが、AI市場を活用して儲けるだけ、何も知らない人々はそれに置いてきぼりを食らう。

 

それが露骨に想像できるのは著者だけではないだろう。

 

日本とAI技術の可能性

そうはいっても、AI活用により、日本は3倍の経済成長&生産性35%向上の可能性が提示されている。

 

つまり裏を返せば、いかに日本の現在の労働が「疲労だけを引き起こし、効率が悪い無駄が多いものか」という事が露骨に示されているのではなかろうか?

peperhekomu

画像出典:フォト蔵より

どこに行っても閉塞感しかないこんな国で、やりきれない日々を過ごす人も多いだろう。

 

AIにとって代わっても良いようなどうでもいい仕事ばかりで、人生を疲労させるくらいなら……。

 

と考えてしまう人もいるだろうし、それはデータとなって表れているのだから、間違いはない。

syousikoureika

画像出典:Wikipediaより

さらに少子高齢化で2035年には目に見えて人口は減り、周りは老人だらけという、どうしようもない未来は素人でも予想がつくのだ。

 

そんな中で、日本の労働力確保や経済成長を目指すなら「AI技術」は迎合するべきものだし、現在から導入に向けて尽力するべきである。

 

しかし、AI導入で経済は成長しても、今後この国で、心身共に豊かに暮らせる日が来るのか?と言われると疑わしいばかりだ……。

人工知能とは(監修:人工知能学会)

 

まとめ

・2035年、AI技術導入で世界経済は大きく成長する

・日本でもAIの恩恵は大きく、導入に向けて取り組むべきだが、本当に「人々の幸せ」につながるかは分からないし、人々は明日を豊かに暮らしたいのだ。

スポンサーリンク

アドセンス 関連広告

-ロボット・AI系のニュースなど
-