『ロボネタッ!』

『機動戦士ガンダム』シリーズのネタを中心に、いろんな「ロボット」に関する事を紹介するブログ。アニメ、「ス-パーロボット大戦」等のゲーム、マイナーなMS紹介など、個人的に気になることや、おすすめのもの、その感想を「独断と偏見」で書いていきます!!

ロボット・AI系のニュースなど

AI「ワトソン」入りロボットが将来開発されるかも!!

2017/08/11

AIワトソンとは?

AI(人工知能)「ワトソン」と言えば、アメリカのIBM社が開発を進めているもので、様々な分野での活躍が期待されている。

imgres

画像出典:Wikipediaより

例えば、2009年にはクイズ番組に登場し(アメリカの人気クイズ番組「ジェパディ!」)、優勝したのをはじめとして、2015年には、世界の料理レシピや食品の香りの嗜好性などのデータをまとめた「Watsonレシピ」を出版し、なおレシピ通りに作った料理は絶品だったという。

 

今年2016年には、日本語を習得し、(現在は7か国語を勉強中らしい)銀行員に内定を取ったり、医学系の大量の論文を20分足らずで読んだり、(人だと1ヶ月くらいかかる量)、白血病の患者を10分で見抜いたりなど、天才的に活躍しているAIなのだ。

スポンサーリンク

 

ワトソンの性格診断

また、(https://personality-insights-livedemo.mybluemix.net/)からは、ワトソンがあなたの性格診断もしてくれるそうだ。

 

自分の日々のツイッターでのツイートや、自分で書いた文章から、その正確を判断できる。

 

ちなみに著者は「鉄血のオルフェンズ2期7話『友よ』」に関して、テレビを見ながら書いた(修正なしの)箇条書きの感想を、テキストで乗せて判断してもらうことにした。

 

watosonnbunnseki

AIワトソン曰く「自説を曲げないタイプ」だそうで、大胆かつ冷静なのだそう。

 

言われてみればあてはまる気もするし、そうでない気もする。

 

images

画像出典:Pixabayより

このように、いろいろなジャンルで今後も活躍が期待されるAIワトソンだが、この度、プロジェクト・イントゥ(Project Intu)」というワトソンの機能をロボットやモバイル端末に組み込む計画が発表されたのであった。

 

ワトソンの「会話」「言語」「視覚認識」の機能を生かし、他の機器に組み込むという。

 

Windows、Linux、Macなどの幅広いOSや、専用のクラウドにも適応するとのことで、「人間と機械が交流するためのより自然な形態」を目指しているという。

 

感想

dora

画像出典:Pixabayより

見えないところで、しかし確実に日々変化が続き、私たちの生活も変わっていくだろうが、ドラえもんの様な人情味あふれるロボットの登場は本当に真近に迫っているかもしれないと思うと嬉しい限りである。

 

とは言え、最先端の技術であり、企業で普及するのが優先される可能性が高いから、我々庶民がその恩恵を受けられるのは、まだまだ遠いのかもしれない。

 

世界での格差や不満などいろんな問題が日々生れているが、天才的な頭脳を誇るAIワトソンは、「人類の英知」として世界の救世主となるのだろうか?

ワトソンに学ぶこれからの人工知能

まとめ

・IBMのワトソンは幅広い分野で活躍が期待されているAIで、性格診断もできる。

・ドラえもんにいつか会える日が来るのはうれしいが、AIは世界を良い方向に導けるのだろうか?

 

スポンサーリンク

アドセンス 関連広告

-ロボット・AI系のニュースなど
-