『ロボネタッ!』

『機動戦士ガンダム』シリーズのネタを中心に、いろんな「ロボット」に関する事を紹介するブログ。アニメ、「ス-パーロボット大戦」等のゲーム、マイナーなMS紹介など、個人的に気になることや、おすすめのもの、その感想を「独断と偏見」で書いていきます!!

アニメ 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

鉄血のオルフェンズ 36話「穢れた翼」ネタバレ 感想!!

2017/08/11

前回ポンコツイオク様のMSに呼応して謎のMAがビームの雄叫びを上げた。

『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』2期10話「目覚めし厄災」ネタバレな感想!!

鉄華団、マクギリス、そして…イオク様は一体どうなるのだろうか?

 

全ての画像は、https://twitter.com/より

 

圧倒的なパワーで蹂躙しつくすMA

・突如沈黙を破りMAが動き出したが、三日月は嬉しそうな表情を浮かべ、イオク様は「なんだあれは!?」と驚きの様子であった。

 

そして間もなくイオク様の部下はMAに攻撃をかけるけど、瞬殺された。

 

・MA登場にさすがのオルガも「なんなんだよありゃ」ビビっていた様子だったが、立ち向かおうとする。

⇒しかし、マクギリスは一旦逃げようと提案するのであった。

 

そして「愚か者め」とイオク様にマクギリスは毒づくのであった……。

 

スポンサーリンク
 

イオク様必死の応戦!!の巻

・いつもは外すイオク様の射撃も、今回ばかりはそこそこMAに命中した。だが、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァア!!

 

MAにダメージはないようだ。そして必死に戦うイオク様とその部下だったが、部下たちはその天使の前に命を散らしていったのであった。

 

・おまけに、MAには大量サブユニット「プルーマ」がわき出てきて、いよいよヤバいことに……。

そして一旦引くことを考えた鉄華団と同じく、イオク様にも「お逃げください盾になります。」と部下は告げるのであった。

 

・意気だけでは勝てないよ!!という部下の一言で、悔しがりながらも戦場から撤退するポンコツ。

⇒そもそも戦場に来なければこんなことにはならなかったのになぁ…部下が哀れである。

 

MA迎撃に向けて……。

・鉄華団は一時撤退し、その途中ザックは「ちゃんと(MA)を見張ってますぅー」とかます。

⇒(イオク様と)同じネタキャラでもこちらは可愛いもんだ。

 

一方、ラスタル達も「イオク達全滅じゃね?」と少し不安げだったが、ラスタルの一声で、ヴィダール&ジュリエッタは出撃が決まるのであった。

⇒ジュリエッタはMAを倒すいいチャンス!!ラッキーという感じだし、ヴィダールもマクギリスと遭遇するかもで、どちらもうれしそうだった。

 

・採掘場にシノは王様の椅子で偵察に来たみたいだが、残るのはイオク様の部隊の機体残骸だけで、MAも生存者もいないようだと報告する。

⇒なお、こんな恐怖のMAについて三日月さんは「すごくきれいだった。」と褒めたたえているようだ、やっぱすげぇよミカは!!

 

MAの行先とヒント

ギャラルホルンを作ったアグニカ・カイエルもMAと戦ったんだよ的な事をマクギリスが話す中、

 

・ザックは火事場泥棒的なものを見たなーみたいなことをつぶやく。

⇒どうやらMAも機械故に、推進剤やオイルの補給が必要だったらしく、MAがいた第三地上基地が襲われたらしい。

ところで推進剤やオイルだって自然にわき出るわけではなく、人間が準備するからこそ利用できるのに、それでも人間を殺すMAの存在は矛盾している気がしてならない。

 

・MAも完全無敵ではないことが分かり、オルガもやるか!!と意気込み、三日月も「オルガ言うなら」といつもの調子。

⇒そして、七星勲章が欲しくなったマッキーと鉄華団は、MAの迎撃に取り掛かるのだった。

 

またその際MAだけでなく、プルーマがMA本体を修復し、資材があればMAによりプルーマも生産できるという、非常に厄介な性質を持っていることも分かる。

 

つまり、「おまけも倒さないとね」という事であり、さらにMAの行先は人の多く集まる、(クーデリアたちがいる)「クリュセ」だということも分かったのであった。

 

クーデリアの覚悟と、MA迎撃!!

・ラスタルから出撃の許可をもらい嬉しそうな、ヴィダール&ジュリエッタは二手に分かれ火星を目指すようだ。

 

・一方、クリュセにきた三日月(とハッシュ)はクーデリア&アトラちゃんに会うことに。

「MA来るから逃げて」と伝えるものの、みんなが逃げられないから、私達だけ真っ先に逃げるわけにはいかない!!と彼女たちなりの覚悟を伝えるのであった。

 

⇒気持ちはわかるけど、MAは災害みたいなものだし、逃げる準備をできる限りは尽力をしてもいいのではと思う。

あと、「自分の仕事に命を懸ける」とクーデリアさんは言っていたが、時と場合によるよね。

 

日本の真っ黒企業にそんな価値があるかは怪しい。むしろ微塵の価値もない

 

・これに対し、三日月は「わかった」とだけ言い、だってさとオルガに伝えるのであった。

⇒その結果、(08小隊のオマージュか?)MA(鳥)を、谷においてガンダムルプスで、止めることとなり、準備が進むのであった。

 

スポンサーリンク

MA迎撃に向けて準備が進むが……そこにはポンコツの姿があった!!

・マクギリス&石動はヘルム何チャラにのって別―ルートから移動し、昭弘&ライドもMAの動向を追い罠を仕掛ける様子。

⇒順調に谷に向けてMA達は移動していたその矢先、MAの進路が一発の射撃で変わる事態が起きる!!

 

犯人は、部下をやられたイオク様である。「よっしゃあーこれで敵取れた!!やったぜーーー!!」とぬか喜びする彼だったが、

 

今回ばかりは、そのポンコツぶりに殺意が沸いたのは言うまでもない。このバカたれ!!

 

・そしてMAはクリュセから急速に農業プラントに進路を変えるのであった。

⇒それに合わせてガンダムルプスもそれに追いつこうと出撃する。

 

・してやったりなイオク様だったが、急遽降り立つジュリエッタに「バカですかあなたは」と言われ、MAが沈んでいないことを知り、

 

そして、またもや攻撃に出向こうとするバカだったが、「お前はおとなしくしてろ」と彼女に視聴者の代弁の声をかけられるのだった。

 

⇒正論過ぎる。

 

MAvsライド

・バカイオクのせいで行き先が変わったMAを止めるためにも、昭弘&ライドは攻撃を仕掛けることになる。

⇒それでもMAのパワーは圧倒的で、遂にはMAから2発目のビームの雄叫びが農業プラント……ライドに向かって放たれるのであった。

 

その結果、ライドのMSはビームを弾き無事だったが、「弾いたことで?」ビームは農業プラントを炎に包む。

⇒それにしてもビームコートはオルフェンズの世界では標準装備なのだろうか?

 

・これに激昂(動揺)するライドはMAに挑もうとする途端、どこからともなく現れた「プルーマ」達が彼を襲う!!

⇒完全に囲まれ、もはや絶望的かと思われたその時、プルーマが宙を舞った。

 

悪魔、ガンダムバルバトスルプス間に合う。「生きてる?」と三日月さん!!

やっぱりミカはすごいぜ!!

 

・そんな頃、出撃に心躍るマクギリス&石動の前に、ガンダムヴィダールが現れるのであった……。

 

・次回予告は、シノ。「クリュセ防衛戦」お姫様抱っこで何を護るのか?ヤマギかな?

HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ モビルアーマー ハシュマル 1/144スケール 色分け済みプラモデル

新品価格
¥2,900から
(2016/12/11 19:10時点)

 

まとめ

・完全自立のMAは圧倒的なパワーでイオク様達を追い込むが、イオク様は生かされる。されど彼はただのポンコツから「殺意湧くゴミ」へとなり下がった。

・やっぱり悪魔のミカ&ガンダムはすげぇよ!!人類の救世主になるか?それとも……。

・マクギリス&石動VSヴィダールの対決に乞うご期待!?

スポンサーリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

アドセンス 関連広告

-アニメ, 機動戦士ガンダム, 鉄血のオルフェンズ
-, , ,