『ロボネタッ!』

『機動戦士ガンダム』シリーズのネタを中心に、いろんな「ロボット」に関する事を紹介するブログ。アニメ、「ス-パーロボット大戦」等のゲーム、マイナーなMS紹介など、個人的に気になることや、おすすめのもの、その感想を「独断と偏見」で書いていきます!!

矢立文庫 装甲騎兵ボトムズ 装甲騎兵ボトムズ 絢爛たる葬列

装甲騎兵ボトムズ 絢爛たる葬列 第2回を読んだネタバレ あらすじ!!

2017/08/10

作品の概要

舞台は100年戦争末期の惑星パルミス、「アルボガ王国」。

 

周囲を砂に囲まれたこの場所は、かつて多くの鉄の棺桶(AT)が撃鉄を交わした成れの果て、

 

ATから漏れ出したポリマーリンゲルが青白い炎を上げ、人魂を見せる乾いた墓場。

 

戦場の哲学者、ボジル・ドン・ハリバートンこと、フィローはこの王国でフリーランスのボトムズ乗りとして暮らしていた。

 

そんなある日、フィローは哨戒任務から帰還し、ふらっと立ち寄ったディックの店「DICKS BAR」で酒をたしなんでいると、

 

フロアーではこのバーの歌姫クレメンタイン・クリスティーが歌い、ホワイティーと呼ばれる男がいた……。

 

そして終わるはずのない100年にも及ぶ戦争が急展開を迎えるとき、フィロー、クレメンタイン、ホワイティーの3人の物語は加速する。

 

 

スポンサーリンク
 

 

前回のあらすじ

「装甲騎兵ボトムズ 絢爛たる葬列」第1回を読んでみたネタバレあらすじ!!

「アルボガ王国」で傭兵を生業にしているフィロー(ボジル・ドン・ハリバートン王国守護傭兵隊曹長、25歳)はその仕事帰り、

 

いつもの通り(?)「DICKS BAR」女や博打には目もくれず、酒をたしなんでいたが、

 

突如フロアーで歌い始めた20歳くらいのその女に興味を抱く。

 

そしてその女、「クレメンタイン・クリスティー」にダンスの相手を申し込んだ華やかな男、

 

「ホワイティー」(ビルジェ・ヤング・ウオーター王国軍儀杖AT隊中尉、21歳)を見かけると、

 

フィローはいてもたってもいられず、自分こそダンスの相手にふさわしいと申し出るのであった。

 

そこで2人の様子を見ていた店のオーナーディック(50歳くらいだが実名も不詳)は

 

「ガラッチ」の飲み比べで2人の決着をつけることを提案し、飲み比べが始まったのであった。

 

勝負の結果

画像出典:Pixabayより

勝負の後、フィローとホワイティーが目を覚ますとすでに陽は登っていた。

 

2人は己がいる場所も分からないまま、部屋の一角にあったコーヒーメーカーでコーヒーを作って飲むことに。

 

2人がいた場所それは2人の飲み比べの対象である歌姫「クレメンタイン」の部屋であり、

 

そうで飲んだコーヒーは「トビキリ」苦かったそう。

 

そして、部屋の主であるクレメンタインを2人は待ったが現れなかったため、

 

部屋を出ることにしたが、そこはディックの店の一角であることが分かった。

 

夜ではないため、閑散とした店を出た2人はいくらか言葉を交えると並んで歩き始めたのであった……。

 

飲み比べ勝負の結果はつかなかったのか?お預けになったのか?

 

その辺を聞くのは野暮というものである。

 

「ガラガラ蛇」vs「蒼穹の盾」

画像出典:http://www.yatate.net/より

 

「P・ATH―Q01」、DTクエント製ヘビー級AT、

 

その数約30機は、アボルガ王国近衛大隊第三儀仗中隊「蒼穹の盾」であり、お決まりの訓練と行進を行っていた。

 

そのわきをフィロー達傭兵AT部隊の「ガラガラ蛇」は通りかかったが、そのうちの1機が「蒼穹の盾」の儀仗隊の前に立ちふさがった。

 

立ちふさがった1機からはATに乗っていた男はコックピットから身を乗り出し、皮肉とも取れるお世辞を吐き捨てるのであった。

 

そして儀仗隊のATから装飾の目立つ隊長機に乗っていた男、ホワイティ-は進み出てコクピットを跳ね上げ、「かかってこい」とその男を挑発する。

 

ガラガラ蛇の男は、ホワイティーの挑発に乗り、互いにATのコックピットを鉄の塊はぶつかり合いを始めた。

 

そしてホワイティーのATがパイルバンカーをガラガラ蛇のAT喉元に突きつけると、

 

潮時とばかりにフィローのATが止めに入るのであった。

 

スポンサーリンク
 

 

フィローのホワイティー第2ラウンド?

画像出典:フォト蔵より

 

先刻のガラガラ蛇の件で再びまみえたフィローとホワイティー。

 

先日歌姫を巡っての飲み比べ勝負にけりをつけるべく、日が落ちると共に再び2人はディックの店を訪れる。

 

しかし「ガラッチ」の勝負では互いに「トビキリ」苦い思いをしたため、互いに「休戦」を結ぶこととなり、グラスを重ねるのであった。

 

また今夜もクレメンタインは3曲を歌い上げたが、2人の決着がついていない事もあり、誰しも彼女の踊りの相手に名乗り出ることはなかった。

 

そんなことを知ってか知らずか、今回はクレメンタインの方から2人がいる席に訪れ、

 

カウンターに向かい真ん中にクレメンタイン、右にフィロー、左にホワイティーという並びで座ることとなった。

 

クレメンタインは「オアシス・ルモーイ」というカクテルを頼み、そのカクテルの花言葉や彼女の歌を肴に3人で飲み明けるの事となるのである。

 

いつもの3人と誘い

画像出典:フォト蔵より

 

ディックの店で3人が酒を楽しんだとき以降、フィロー達は毎日3人そろってカウンターに並ぶようになっていた。

 

周囲からはそんな3人についてあれやこれや噂や話が飛び交う中、1ヶ月ほどしたある日フィローとホワイティーはクレメンタインから、

 

突如「ピクニックに行こう!!」と誘われることとなる。

 

「行ってみたい場所があるの」と、さりげなく言った彼女の言葉には深い思いがありそうだが、

 

3人はピクニックもとい、「ドライブ」へ出発することに……。

 

装甲騎兵ボトムズ 戦場の哲学者 [ 高橋 良輔 ]

価格:2,916円
(2017/8/2 15:51時点)
感想(2件)

 

まとめ

・フィローとホワイティーの決着は「とびきり苦い」休戦に終わったが、毎日歌姫も加わり3人でカウンターに並ぶこととなった。

・突如クレメタインから提案された「ピクニック」。そこに待つものとは一体何なのか……?

【予 告】

ひたひたと押し寄せる
抗いようもない時の圧力の中に
吹けば飛ぶような物語が、一つ
そっと咲いてそっと散る
ルモーイ……白き小さな花言葉
譬えればそれは丘の上の佳人……
さらに忍べば離れ雲……
手折ってみるか揺れる花
掴んでみるか白い雲

次回『カースニー』

 

スポンサーリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

アドセンス 関連広告

-矢立文庫, 装甲騎兵ボトムズ, 装甲騎兵ボトムズ 絢爛たる葬列
-, , ,