『ロボネタッ!』

『機動戦士ガンダム』シリーズのネタを中心に、いろんな「ロボット」に関する事を紹介するブログ。アニメ、「ス-パーロボット大戦」等のゲーム、マイナーなMS紹介など、個人的に気になることや、おすすめのもの、その感想を「独断と偏見」で書いていきます!!

ロボット・AI系のニュースなど

営業職も「AIで代替可能」という件について!!

2017/08/11

近ごろ、AI(人工知能)が本格的に導入されれば、多くの仕事が消えるとされている。

 

一説によれば、日本では現在ある仕事の約半数がAIで代替可能となり、人々の仕事を奪っていくのではとも噂されている。

 

転職のプロやビジネスマンが考える「AIに代替されない職業」とは?

エン・ジャパンは運営する転職サイト「ミドルの転職」の利用者(35歳以上)や転職コンサルタントに対し、「AIにより代替されにくい職業」に関してアンケート調査を実施した。

businessman-296833_960_720

画像出典:pixabay.comより

その結果、一般的なビジネスマン(「ミドルの転職」の利用者)の回答としては、1位営業系、2位は経営企画系、3位はクリエイティブ系という回答が出されたという。

 

営業を担当する人の「個性」や「キャラクター」などが相手との関係構築に重要ということが、サイト利用者・転職コンサルタント共に「営業」が代替されにくいと考える理由に挙げているようだ。

スポンサーリンク

 

AI研究の専門家たちの意見は……。

転職のプロやビジネスマン達は「営業」職は代替されにくいと考えているようだが、AIによる仕事代替に関し、世界のスタンダードな研究を進める、オックスフォード大学によれば、この考えは大きく異なるようだ。

 

オックスフォード大学のまとめた報告書によれば、営業系の仕事はAIに代替される確率が高く、具体的には保険営業、訪問営業、不動産営業など付加価値の低い営業の仕事がそれに該当するという。

 

しかし、すべての営業系の仕事がAIに代替されるわけではなく、同じ営業でも、技術営業、高度な金融商品の営業など、高付加価値の営業の仕事は代替される確率が低いと推測されているようだ。

url

画像出典:www.publicdomainpictures.netより

また、日本のように対面がより重視される傾向がある場合など、国により営業職の実態も違うため、一律に言及はできないが、低付加価値営業な営業職が圧倒的に多いため、その仕事に従事する人の大量失業の可能性は低くないという。

 

ちなみに、オックスフォード大学の研究でも、クリエイティブ系は代替されにくいとされているが、AIの専門家は付加価値の低いクリエイティブ系の仕事は簡単にAIに代用されるとも言われているそうだ。

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)

中古価格
¥289から
(2016/10/11 18:19時点)

 

まとめ

・AIに営業職が代替されるかは、付加価値の高低、国や地域での実態など様々な要素が影響する

・クリエィティブ系の仕事も付加価値が低ければ、AIに取って代わられるかも。

・実際にAIが導入され普及してみないと、実態は専門家でも正確な判断はできない。

 

(個人的には、単純労働が多いのにやたら激務な飲食店にこそ、AIの導入が必要だと思うが、メシマズ大国イギリスの超有名大学がAI研究のスタンダードなだけに、この分野には期待できない気がする……。)

 

スポンサーリンク

アドセンス 関連広告

-ロボット・AI系のニュースなど
-