『ロボネタッ!』

『機動戦士ガンダム』シリーズのネタを中心に、いろんな「ロボット」に関する事を紹介するブログ。アニメ、「ス-パーロボット大戦」等のゲーム、マイナーなMS紹介など、個人的に気になることや、おすすめのもの、その感想を「独断と偏見」で書いていきます!!

アニメ スーパーロボット大戦

スパロボV参戦の「クロスアンジュ」とはどんな作品?

2017/08/11

今シーズンのロボットアニメを探していたら、「新アニメ」!!と書いてあったので、気になり調べてみたら、既に2014年に放映済みで全く知らなかった……。

 

でも、せっかくなので、簡単に取り上げてみたいと思う。

 

クロスアンジュの概要

「マナ」という画期的な情報伝達・物質生成技術の発展で、戦争や環境などの諸問題がなくなり、世界に平和が訪れたが、その一方、マナを扱えない者も存在した。

 

彼らは、「ノーマ」と呼ばれ、社会から隔離され非人道的な扱いを受けていた。

 

「ミスルギ皇国」の第一皇女、「アンジュリーゼ・斑鳩・ミスルギ」もまた、ノーマ根絶を理想としていたが、彼女が16歳になり、洗礼の儀が執り行われた際、兄・ジュリオによ彼女がノーマである事が暴かれるのであった。

 

この事実が分かった途端、国民から絶大な人気のあった彼女は反逆者として扱われ、辺境の軍事基地「アルゼナル」へと追放されるのであった。

 

(ノーマと分かったものは、アルゼナルへ送られ、その存在は一般に知られることなく軍務に使役されのである。)

 

そこでは彼女は、名前を奪われ、「アンジュ」として、人型機動兵器「パラメイル」に乗る「メイルライダー」として、人類の敵「ドラゴン」と戦うことになるのであった……。

 

備考:

この作品で出てくる「マナ」とは魔法に似たもので、念動力のように物質を浮遊・移動させたり、拘束・防護用の結界を張ることもできたり、

 

マナ使い間でのコミュニケーションツールともなる技術である。

 

これを使うことができるのは「当然のこと」であり、使えないものは「異端」なのであった。

コメント:

特別な力というのは、少数が使えば「ずるい」「独占だ!!」などと非難され、争いの元となるが、大多数が持てば、珍しいことではなくなり、逆に持っていない少数者が「悪」となってしまう。

 

いつの時代にもそういう事態はあるが、相変わらず皮肉なものである。

 

また、ノーマ達が戦う人類の敵、「ドラゴン」とは、「Dimensional Rift Attuned Gargantuan Organic Neototypes」(次元を越えて侵攻してくる巨大攻性生物)の各頭文字から名づけられ、空間にゲートを開いて現れる。

 

(いわゆるスパロボZシリーズに登場する「次元獣」か!?)↓

doragonn

画像出典:http://crossange.bngames.net/dragon.htmlより

ドラゴンは、いわゆるファンタジーに登場する「ドラゴン(飛龍)」に類似した姿であるが、実は超常的なエネルギーを持つ「ドラグニウム」による汚染環境に適応するために遺伝子操作した人類であった。

 

コメント:

なかなか面白い設定だと思う。「マナ」も突き詰めて考えれば興味深いが、この作品はドラゴンなどの「ファンタジー」な要素と、メカなどのSF要素が融合しており、今回は内容の大部分をカットするが考察すれば非常に深い内容になるだろう。

 

『機動戦艦ナデシコ』で、木星から地球に飛来し攻撃を加える木星バッタが、実は木星に住んでいる人類によるものだったという「実は人類オチ」だが、よくある?展開ではあるが、使い方次第ではやはり面白い話になるものである。

 

スポンサーリンク
 

登場メカ&キャラクター

ヴィルキス

ビルキス

画像出典:http://crossange.com/より

アンジュリーゼ(アンジュ)の専用機。全高が7.8メートルと「装甲騎兵ボトムズ」のAT約4メートルよりは大きく、「機動戦士ガンダム」のガンダムや、「超時空要塞マクロス」のバルキリーのバトロイドモードの約16メートルよりは小さい、中間型のサイズ。

 

モノによっては、マクロスシリーズのバトロイドモードの機体にしか見えない。

 

まあ、バルキリーも「ヴィルキス」も、何となく、戦いの女神「ワルキューレ」を意識したネーミングだから似通っている部分はあるのかもしれない……。

 

ちなみに、ヴィルキスは「アリエル・モード」をはじめとするモードがあり、機体の能力が次第に発揮されていくようだが、マクロスのバルキリーのように「アリエル・モード」では、戦闘機ぽく変形もできるのだ!!↓

ariesu

画像出典:http://crossange.com/より

ヴィルキス「アリエル・モード」の変形バージョン。(ヴィルキス=バルキリーという説もアリエル!?)

 

スポンサーリンク
 

アンジュリーゼ(アンジュ)

アンジュ

画像出典:http://crossange.com/より

ミスルギ皇国の第一皇女「アンジュリーゼ」として国民に絶大な人気があったが、ノーマだと分かるやいなや、ドラゴンと戦う一兵士「アンジュ」となった。皇女だったため、プライドが高く、頑固者。ことあるごとに周りと衝突する。

 

コメント:

いくら、もう皇女ではないとはいえ、露出度高すぎだろこの服!?もう、服というより下着姿である。勿論別の洋服を着ていることもあるので一概には言えないが…。(※どうやらややR18な要素もある作品らしい)

 

「いじめていた側」が「いじめられる側」に回った典型的な例である。

 

どこぞの仮面皇帝が言っていたように「撃っていいのは、撃たれる覚悟のあるものだけ」なのだと思う。

images

画像出典http://konononikki.seesaa.net/archives/201409-1.htmlより

 

ちなみにこの作品は、彼女を始め主要な登場人物がほとんど女性である。

 

登場する人物はドラゴンと戦う「アルゼナル」に所属している「ノーマ」達なのだが、実は「ノーマ」というのは、遺伝子操作前の旧人類の因子を持つ突然変異種で、女性にしか発生しない

 

という設定があるため、女性が圧倒的に多いのである。敵として登場する「ドラゴン」は驚異的な生命力を持つというから、子どもを産むため(生物学的に男性に比べ)女性の方が生命力があるということからも、ノーマには女性だけがなるのではないかと思う。

 

これはどうでもいいことだが、ハーレムものと呼ばれる作品では、やたら、大多数の女性に対し、男は1人といったシチュエーションが登場する。「そういうもんだから」で、片付くことではあるが、今一度真剣に裏付けを考えた作品があっても面白いものである。

 

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞tr.

中古価格
¥2,790から
(2016/8/28 01:28時点)

まとめ

ごくごく簡単にまとめたがどうだっただろうか?私自身調べてみると何となく「コードギアス」や「マクロス」に近いものを感じたし、世界観の設定は、独特でかなり面白いものだと思う。

 

SF+ファンタジーな作品ではないだろうか?まだまだ知らないことばかりだなーと思いつつ、これからもいろんな作品を取り上げていけたらと思う。

 

気になる人は、DVDなどが出ているので、是非チェックしてみて欲しい!!

 

スポンサーリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

アドセンス 関連広告

-アニメ, スーパーロボット大戦
-,