『ロボネタッ!』

『機動戦士ガンダム』シリーズのネタを中心に、いろんな「ロボット」に関する事を紹介するブログ。アニメ、「ス-パーロボット大戦」等のゲーム、マイナーなMS紹介など、個人的に気になることや、おすすめのもの、その感想を「独断と偏見」で書いていきます!!

ゲーム スーパーロボット大戦 ロボットダンジョンプレー

スパロボ系フリーゲーム「ロボットダンジョン」攻略レビュー『第11話 次なる戦いへ』

2017/08/11

<前回のあらすじ>

スパロボ系フリーゲーム「ロボットダンジョン」のプレー日記『第10話 決着』

1超強力なガルガウ(ウィガジ)がゼロの騎士団の前に立ちふさがり、苦しめた。

 

しかし長きにわたる準備(という名のただの放置)の末、のび太のザンダ-クロスがこれを撃破。

 

騎士団に一時の安息、新たな力・戦いをもたらすのであった。

 

新たなる宇宙へ

ステージ11は宇宙。

 

ずいぶん戦力も整い、メンバー選択もうれしい意味で迷いが出てきた。

 

とりあえず運用テストもかね、セラビィーガンダム(元ガンダムヴァ-チェ)、

 

百式改、そしてゲッターチーム(ゲッタードラゴン)には期待を込めて出撃させることに。

 

 

ボスは氷シンシア(キングゲイナーより)と

 

 

これまた機動力で期待できそうな「ガンダムキュリオス」(アレルヤ)が敵として登場。

 

絶対仲間にせねば!!(義務感)

 

スポンサーリンク
 

 

実力をつけてきたメンバーたち

 

「ハロ」を搭載したアトム先輩は強い。が、

 

それ以上に? たった一撃でHPの半分以上のダメージをたたき出すセラビィーガンダムは只者ではない。

 

ガンダムは伊達じゃないってことか。

 

(ブラックゲッターを「換装」で「ゲッタードラゴンに代えて変形した)

 

ゲッターライガーも遠距離からの攻撃とは言え、高い回避率を持つのがうれしい。

 

もちろんドラゴンでも「ゲッタービーム」の火力は頼りになる。

 

 


アレルヤの「ガンダムキュリオス」をはじめとしてやたらスザクだけを敵が狙ってくる。

 

HPが低いからなのだろうが、なんとなく私怨もある気がしてならない……。

 


そんなこんなで敵が残骸になっていく中、ルルーシュ、

 

もといゼロは「自分が悪となって敵を討つ」事をアレルヤの説得に成功する。

 

どんどん戦力が充実していくなぁ(実感)

 

残るはボスのシンシア「オーバーデビル」だけとなったが、ガルガウの程の強さでないにしろ、なかなかの強敵なので逃亡を図ることに……。

 

(?セコイって?いやこれは戦略的撤退なのだ。)

 

ラウンド2!!ファイッ!!

とにかく資金を貯めて、アーバレスト辺りを強化したいので特に何もせず次へ進むことに。

 

2回目は地上が舞台の様だ。

 


今回は「百式改」の代わりに新入りのアレルヤの「ガンダムキュリオス」に出撃してもらうことに。

 

地上の地形だけに空を飛べて変形できるのは活躍できそうだ。

 

予想外の展開、そして……

 

今度のボスこそ倒せる雑魚だといいなと思ったら、ハマーン様のキュベレイがおいでになった!!

 

最大射程6のファンネルと一定確率でシールド防御できる「ショルダーバインダー」が恐ろしい。

 

運動性も驚異の125なので、逃げよう(真剣)

 

今回の中ボスは、カテジナさんの「ゴトラタン」

 

とち狂った命中率でゲッターがピンチに。

 


正直後々面倒そうなので、オーガス02の「大型噴進弾」(熱血つき)で早急に処理した。

 

やっぱ不動のエースですわオーガス02さん。

 


いつの間にやら敵の攻撃をくらい瀕死のランスロットC。

 

しかし「ギアス発動」で常時「集中」状態&クリティカル50%プラスというとんでもない能力を発動した。

 

スザク……侮れん男だっ!

 

ところで、ガンダムキュリオス。高機動力でエース間違いなしなのだが、

 

「ガンダムキュリオス(FM)にマップ上で変形した時エラーが発生しゲームが終了してしまった。(ver10.43)

 

そのまま用いても強いからいいのだが、少し残念。

 

(と思って再びやったら問題なし。よくあること……なのかも。)

 


そんなこんなでキュべレイと雑魚1機を残し再び撤退することに。

 

インターミッションでは、予告通りアーバレストをアップグレードし、「ラムダドライバー」を発動可能に。

 

(「ラムダドライバー」はダメージ3000以下を無効するもので発動時にエネルギーを消費するがありがたい。)

 

そして「ホバークラフト」と気力上昇の「シャッフルの紋章」をNEW「アーバレスト」に装着。

 

あと、スラスターモジュールをゲッタードラゴンとガンダムキュリオスに、

 

またガンダムキュリオスには、エールストライクの「高性能バーニア」で空対応を強化した。

 

スポンサーリンク
 

 

3度目の正直

 

今回のボスはトールギス(ゼクス)と中ボスバンデット(メリーベル)という不思議なガンダム系ボスの組み合わせ。

 

ハマーン様よりは苦戦しなさそうなので一気に叩くことにしよう。

 


バンデットはカテジナさん同様にオーガス02で瞬殺した。それだけ。

 

ラムダドライバー発動で武装と防御面が素晴らしいアーバレスト。

 

しかもパイロットの宗介が「気合」を持っているのですぐに発動できる。

 

開幕気合で発動するだけでかなり使えそうだ。

 

全国のトールギス&ゼクスファンには申し訳ないが、このゲーム、今回の状況からすれば弱いボスでありがたい。

 

さっさと倒してしまおう。

 

と、思ったのだがこのゼクス頻繁にシールド防御が発動し固い。

 

耐久力だけは一級品なのか!?

 

それでも、最後はセラビィーガンダムの「トランザム発動」であっけなくガンダムに敗れたが。

 

そんなこんなでステージ11もクリアした。

 

ロボガッチャでは、「『冥』号」(神威哀)を入手し、いつも通りインターミッションを…とおもっていたら、

 

いつの間にやら合体可能なほどロボットが揃ったようで「合体開始」の合図で、3人乗りのロボ『トライゼノン』が完成したのだった!!

 

著者はこのロボットは知らないのだが、「ロボダン図鑑」によれば、「無敵王トライゼノン」という作品に登場するロボットの様だ。

 

性能的にはスーパー系で、威力の高い武器が並ぶが、射程の短さが問題な様子。

 

また機会があれば使ってみようかと思う。

 

インターミッションでは、セラビィーガンダムに「ENチップ」を「シャッフルの紋章」と交換で装備させ、

 

ゲッタードラゴンにシャッフルの紋章を装備させた。

 

あと、資金を貯めてまたアップグレードしできるようにしていきたい。

 

無敵王トライゼノン 全8巻セット [マーケットプレイス DVDセット]

中古価格
¥14,400から
(2017/7/6 00:05時点)

 

まとめ

・3度にわたるステージ11は、ロボットを合体させ、更にゼロの騎士団を充実させた。

 

・いつか戦いが終わるその日まで、彼らの戦いは続く!!

 

スポンサーリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

アドセンス 関連広告

-ゲーム, スーパーロボット大戦, ロボットダンジョンプレー
-, , ,