『ロボネタッ!』

『機動戦士ガンダム』シリーズのネタを中心に、いろんな「ロボット」に関する事を紹介するブログ。アニメ、「ス-パーロボット大戦」等のゲーム、マイナーなMS紹介など、個人的に気になることや、おすすめのもの、その感想を「独断と偏見」で書いていきます!!

アニメ ロボット・AI系のニュースなど 鉄人28号

シルバーチャリオッツの「デザインの元ネタ」を考えてみた!!

画像出典:http://jojo-animation.com/より

 

シルバーチャリオッツと言えば、ジョジョの奇妙な冒険第三部に登場する、ジャン・ピエール・ポルナレフのスタンドであり、

 

銀色の甲冑をまとった中世の騎士の様なヴィジョンをしている。

 

またその姿はスタープラチナのように人の姿と言うよりは、どこか「メカメカしい」モノを感じさせるカッコいいデザインとなっているが、

 

そのモチーフは一体何なのだろうか?

 

今回はそんなシルバーチャリオッツのデザインの元ネタになったであろうものを、勝手に推測してみたいと思う。

 

※あくまでこれは著者自身の妄想であり、実在の団体とは関係ありません。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

「シルバーチャリオッツ」のデザインの根源にあるもの。

ジョジョを作るうえで、荒木飛呂彦氏が影響を受けたもの。

画像出典Flickrより

『ジョジョの奇妙な冒険』はその原作者、荒木飛呂彦氏によって作られ、シルバーチャリオッツは荒木氏の考えそのものの表れと言うべきだが、

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E9%A3%9B%E5%91%82%E5%BD%A6

 

↑ウィキペディアによれば、荒木氏が影響を受けた人物の中には『横山光輝』、『フランク・フラゼッタ』、『車田正美』の3人の人物がいるそうである。

 

もちろんこの他にも荒木氏が影響を受けた人は多くいるだろうし、断定はできないが、

 

1つの可能性として上に挙げた3人がシルバーチャリオッツのデザイン性に大きな影響を与えているものと考えられる。

 

 

シルバーチャリオッツと3人の人物。

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 51.シルバーチャリオッツ・セカンド(荒木飛呂彦指定カラー)

新品価格
¥3,610から
(2018/3/7 12:26時点)

シルバーチャリオッツのデザインには『横山光輝』、『フランク・フラゼッタ』、『車田正美』の3人が影響を与えていると思われるが、一体どんな人物なのか簡単にまとめてみることにした。

 

横山光輝

画像出典:フォト蔵より

漫画家。その代表作には『鉄人28号』、『魔法使いサリー』、『三国志』

 

荒木飛呂彦氏が3部のストーリーの構成を作る際にも参考にしたという『バビル2世』など長年にわたり、

 

さまざまなジャンルで活躍した漫画界の巨匠である。

 

そこでシルバーチャリオッツのデザインに関しては、横山氏の『鉄人28号』の影響がかなりあるように思える。

 

ャリオッツの顔の形としては鉄人28号と似ていないが、目の配色はそっくりであるし、

 

前述したように荒木氏はジョジョ3部を考える際に、横山氏の影響も受けていることから、

 

チャリオッツのモチーフ(特に顔の部分)は鉄人28号になっている可能性は高いと言えよう。

 

 

フランク・フラゼッタ

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wikiより

 

アメリカのイラストレーターでSF、ファンタジー分野の挿絵等で活躍し、英雄コナンシリーズ、ターザン・シリーズ、火星シリーズなどは人気を博した。

 

フランク・フラゼッタの画風としては筋骨隆々なマッチョな男と対比する美しい女性が特徴的であるが、

 

画像出典:https://www.suruga-ya.jp/より

シルバーチャリオッツに関して言えば、騎士が馬にまたがる姿のイラスト(作品は『デス・ディーラー』)など、

 

フランクの描く騎士の『パワーあふれるヴィジョン』を参考にしながら荒木飛氏はデザインしたのではないだろうか?

 

 

車田正美

画像出典:魂ウェブより

『リングにかけろ』、『男坂』、『聖闘士星矢』をはじめとする熱血を連載し、週刊少年ジャンプで大活躍をしている漫画家である。

 

 

ジョジョ3部がジャンプで連載を開始したのは1989年だが、その3年前、1986年に車田氏はジャンプで『聖闘士星矢』を連載する。

 

 

この聖闘士星矢はギリシア神話をモチーフにした物語や、「聖衣(クロス)」と呼ばれる星座の趣向を凝らした鎧は人気を博すこととなる。

 

 

そこで荒木氏も同じジャンプで連載をしていた車田氏の「聖衣(クロス)」のアイデアを何処かに取り入れたいと思っていたのではないだろうか?

 

(もちろんマンガの構図などには車田氏の考えを取り入れたりはしているだろうが。)

 

その結果が、シルバーチャリオッツの「スマートなデザインの鎧」につながったと思われるのだ。

 

(チャリオッツの鎧が着脱可能なのも、聖衣が着脱できることをならってなのかも。)

 

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

・シルバーチャリオッツのデザインが完成するまでをまとめてみると、

 

1、荒木氏がジョジョ3部の構成を考えはじめる。

 

⇒横山光輝氏の『バビル2世』

 

2、3部には横山氏の作品のキャラをモチーフに……

 

⇒(承太郎をはじめとしたキャラ)やその流れで『鉄人28号』をモチーフとした力強くまっすぐな「メカ(ロボ)っぽい」なにか(スタンド)を出したいなー

 

3、ジャンプで車田氏の聖闘士星矢が人気、「聖衣(クロス)」という鎧も良いなー

 

4、よし!!「メカ+ロボット」のスタンドを作るか!!スタンドは「パワーあるビジョン」だから、フランク・フラゼッタの(力強くダークな)『デス・ディーラー』など参考にしよう!!

 

5、シルバーチャリオッツの完成ッ!

 

と言った経緯があったのではないだろうか?(と著者の推測。)

 

もちろん真相は荒木氏のみが知る所だし、

 

そもそも「シルバーチャリオッツ」ってメカぽいのか?ロボット要素なくないか?と言われるとそんな気もしてくるけれど、

 

レイピアを飛ばすところなんてある意味「ロケットパンチ」のレイピア版だし、防御甲冑の外し方も増加装甲のあるロボットのパーツをパージするの感じもあるから、

 

かっこよくて、素晴らしいので些細な問題に過ぎない!!

 

 

・様々なアイデアを組み合わせ、長く愛されるキャラを作り出す荒木先生は偉大だッ! これからも人間賛歌をッ!ジョジョを歌い続けてほしいものであるゥーーーーッ!!

 

 

スポンサーリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

アドセンス 関連広告

-アニメ, ロボット・AI系のニュースなど, 鉄人28号
-, , , , , , , ,