『ロボネタッ!』

『機動戦士ガンダム』シリーズのネタを中心に、いろんな「ロボット」に関する事を紹介するブログ。アニメ、「ス-パーロボット大戦」等のゲーム、マイナーなMS紹介など、個人的に気になることや、おすすめのもの、その感想を「独断と偏見」で書いていきます!!

0083スターダストメモリー アニメ ゲーム 機動戦士ガンダム

ガンダム0083 デンドロビウムとステイメンについて考えてみた!!

2017/08/11

連邦軍で巨大MA(MS)と言えば何を思い浮かべるだろうか?

 

ジオンに比べ連邦では余りMAを作ろうとしなかったこともあり、その数は少なく思えるが、私の場合、「0083」に登場する「デンドロビウム」を思い浮かべる。

 

デンドロビウムとは

GP計画に基づいて作られた試作3号機「ステイメン」に「オーキス」という(増加パーツ、大型戦闘用コンテナ)を装備させることで、「デンドロビウム」となるのだ。

20160208153745-16503

画像出典:http://www.gundam.info/topic/14905より

 

試作3号機「ステイメン」は↓を見ても分かる通り、「MS」である

url

画像出典:ja.gundam.wikia.comより

なので、MS+巨大な戦闘用パーツを一体化した機体なのである。

 

最近でいうならば「ガンダムUC」の「グレートジオング」のような形態であろうか?

 

wikipediaによれば、全高(縦の長さ) 38.5m、全長(横幅)140.0m(メガ・ビーム砲含まず / 73.0m)だそうで、メガビーム砲がその幅の半分以上を占める。

 

いくらなんでも、小回りが効かな過ぎるだろうという感じがするが、先手必勝ということなのだろうか?

 

最初に1撃発射して、ある程度殲滅してイクゾ-ということなのだろう。(メガビーム砲の一撃で、ザンジバル級が壊滅するほどのとんでもない威力である。)

 

ちなみに劇中では、補給も一苦労で、余りにもでかいため、母艦アルビオンの外で補給・修理を行わざる負えないというありさまだった。

スポンサーリンク

 

試作3号機『ステイメン』もYDK(やればできる子)です!!

何かと、デンドロビウムばかりがインパクトも大きいこともあり、注目されがちだが、その本体のステイメンもその当時のMSとしては非常に高性能であった。

 

例えば、その高性能さはゲーム内でも反映されており、『ギレンの野望アクシズの脅威V』では、移動可能範囲が宇宙限定ではあるものの、

 

運動性能が50と、この時点のMSでは高く、その点では、グリプス戦役時代「Zガンダム」のMSにも勝ててしまうのだ。

 

Zガンダム劇中では序盤から中盤にかけて、カミーユが乗っていた「ガンダムMK-2」は40、さすがに主役であるZガンダムには敵わないものの、「Zガンダム」の変形版、「ウェイブライダー」の43には勝ってしまうのである。

 

正直、このゲームにおいては、0083の劇中で大活躍だった「デンドロビウム」の形態よりも、「ステイメン」の状態の方が強いというありさまで、世の中の「ステイメン」好きにはうれしい仕様となっているのだ!!

 

デンドロビウムは劇中ではものすごい戦闘能力であったが、その反面操作が難しく、身体にも負担が大きいため、パイロットは薬物投与をしなければ耐えることができない代物であった。

 

c2575afa-l

画像出典:http://blog.goo.ne.jp/usagiusagi1028/e/1f956f66a010ef67a2d81f0cf3cb30ecより

※写真はあくまでイメージであり、実際のものとは一切関係ない。薬物はやってはいけない絶対だぞ!!
スポンサーリンク

 

ノイエジールについて

そういえばデンドロビウムと激戦を繰り広げたライバル(?)である「ノイエジール」はどうなのだろうか?

20160622140044-22882

画像出典:http://www.gundam.info/content/1676より

頭頂高(縦の長さ)76.6m、全幅: 73.6mと、縦の長さではもちろん、横の長さと考えてもメガビーム砲を含まない長さであれば、意外にも「デンドロビウム」よりも大型のMAである。

 

デンドロビウム同様操作は困難を極めるものだったが、エースパイロットであるガトーは超越した操縦を行い、デンドロビウムに圧倒していた。

 

ところで、ガトーの腕前があったにしろ、なぜ、デンドロビウムは、ノイエジールに負けてしまったのだろうか?

 

私が思うに、ノイエジールの有線クローアーム(と4本のサブアーム)の存在がその結果には大きく作用していると思う。

 

当然ガトーの技量はあるが、ただですら、大型で的になりやすいデンドロビウムは、いくら高機動のスラスターやバーニアがついていたとはいえ、攻撃を回避することは前提ではないと思われる。

 

(そのためにIフィールドを装備させ、防御面を向上させていたのでは?)

 

そしクローアームはいくら有線式とはいえ、その軌道は見えずらいだろうし、まだデンドロビウムに不慣れなコウでは、アムロのようにビームライフルで有線を打ち落とすなんで芸当は不可能であろう。

o0388037913236238903

画像出典:http://ameblo.jp/yugan0410/entry-11997815782.htmlより

せめて、コウの中の人のが、演じている「野菜王子」のようにグミ撃ちができればなぁー……。(もういっそ、野菜王子がノイエジールと戦えばよいのである。)

HGM 1/550 RX-78GP03 ガンダム試作3号機デンドロビウム (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

中古価格
¥1,774から
(2016/8/28 02:08時点)

まとめ

・デンドロビウムは漢のロマン。メガビーム砲最高だぜ!!

・「それでもステイメンは連邦のガンダムだ!!」

→「それは一人前のガンダムパイロットのセリフだ。」

・野菜王子にノイエジールと戦ってもらおう!!グミ撃ち戦法なら、お前がナンバーワンだ!!

 

スポンサーリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

アドセンス 関連広告

-0083スターダストメモリー, アニメ, ゲーム, 機動戦士ガンダム
-, , , ,