『ロボネタッ!』

『機動戦士ガンダム』シリーズのネタを中心に、いろんな「ロボット」に関する事を紹介するブログ。アニメ、「ス-パーロボット大戦」等のゲーム、マイナーなMS紹介など、個人的に気になることや、おすすめのもの、その感想を「独断と偏見」で書いていきます!!

アナハイム・ラボラトリー・ログ 機動戦士ガンダム 矢立文庫

アナハイム・ラボラトリー・ログ 第1回 を読んだネタバレ 感想!!

2017/08/11

作品のあらすじ

この作品はUC100年、ガンダム世界の一大企業、「スプーンから宇宙戦艦まで」をスローガンに掲げるアナハイム・エレクトロニクス社に関するものである。

 

ある時、同社では、これまで公にされていなかった新型MSの実験記録などが複数見つかったという。

 

政治や技術的な課題、様々な勢力の圧力などにより隠ぺいされてきたそれらの資料が、宇宙世紀1世紀のその時、遂に公となったのだ。

 

そして関わった技術者や軍人、ジャーナリストなどが残したその記録から、失われたはずのMSの裏側の記録「アナログ」が明らかとなる!

スポンサーリンク
 

第1回目:消えた赤い機体①

all1-1

画像出典:http://www.yatate.net/より

↑まずこの画像にある機体は、「ガンダムMk-Ⅲ8号機」である。(Zガンダムポイ顔をしているけど。)

 

カラーリングから分かる通り、いわゆるシャア専用エゥーゴに所属していた、クワトロ・バジーナ(大尉)のイメージカラーをモチーフにした機体である。

 

クワトロはエゥーゴにおいて自身のリックディアスを赤で塗装し、同機のイメージからとして後に採用されることとなる。

 

その為エゥーゴのイメージカラーとして赤色が定着したことが、ガンダムMk-Ⅲ8号機の配色にも影響を与えたのだ。

 

また、8号機はクワトロ大尉の新型機としたい意向があったとされている。(実際は配備されることはなかったが。)

 

ガンダムMkⅢ8号機の性能とその後

本機のベースは「強化宇宙服としての人型機動兵器」がコンセプトのガンダムMk-Ⅱである。

 

ティターンズから奪取されたMk-Ⅱを基に、フジタ技術長をはじめとするアナハイムの開発チームにより、これを発展させたガンダムMk-Ⅲの開発が行われたのだ。

 

装甲やムーバブル・フレームにガンダリウム合金を使用することで、機体を総合的に向上させることで、当時としては最新鋭の性能を誇る完成度となった。

 

またガンダムMk-Ⅱは複数生産され、中でも上記の8号機は百式にも採用された、耐ビーム・コーティングの廉価版を施されているのがその特徴である。

 

(8号機の)武装としては、肩部に装着されている2連装ビーム・キャノン、ビームサーベル、専用ロングバレルビーム・ライフルを持つ。

 

そして完成した8号機は、月のグラナダから旧サイド5、かつてジオン残党軍「デラーズ・フリート」があった「茨の園」付近を通り、

 

サイド2のエゥーゴのコリアー艦隊へ移送されることとなった。

 

しかし、その魔の空域には、8号機の輸送・護衛を行うボイド小隊だけでなく、アクシズの強行偵察部隊、2個小隊6機の姿もあったのだ。

 

そして、遭遇を知らせるアラートが鳴り響く……。

RE/100 1/100 MSF-007 ガンダムMk-III (機動戦士ガンダムZ MSV)

新品価格
¥2,218から
(2016/11/24 13:05時点)

 

感想

まず思ったのが「読みずらい」ということだ。

 

例えば、同文庫に掲載されている「ガオガイガーVSベターマン」などは、そのまま文章や画像が展開されるため、簡単に読めるが、

 

この作品はPDFファイルをいちいち展開しないといけないのが面倒である。

 

もっともやや面倒ではあるが、フルカラーのMSの様子や、背景などまであることを踏まえると、

 

MS資料集などと同じクオリティーであり、市販のものと変わらない上質な出来であると言えるだろう。

 

あと、8号機に関しては、武装がビーム兵器だけというのはいかがなものかと思う。

 

百式にはクレイバズーカなどの実弾兵器があったし、仮にも「ガンダム」の名を冠しているなら「バルカン」ぐらいはあってもバチは当たらないだろう。

 

機体の「防御」においてビーム対策をしておきながら、「攻撃」に関してビーム対策がないのが残念である。

 

imgres

画像出典:GUNDAM.INFOより

8号機に搭乗し、Iフィールド搭載のサイコ・ガンダム辺りに出くわした日には、クワトロ大尉が涙目になるのがわかる。

 

しかし、8号機はアクシズとの遭遇により……。結果的に、クワトロ大尉は百式に乗り続けていて良かったのかもしれない。

 

jimikasutamu

画像出典:http://www.yatate.net/より

また同資料では、ネモの配色(シールドはネモをそのまま使用。)のジムⅡ(エゥーゴ)や、

 

ジムⅡのビームライフルを装備し、白をベースに一部エゥーゴのグリーンの配色の「ジム・カスタム」も記載されている。

 

(エゥーゴカラーのジムⅡの配色をそのまま、ジム・カスタムに塗装したような感じ。)

 

ジム・カスタムは何となく、ジムスナイパーを連想させるような配色だが、これはこれでいい。

 

一方、ネモ配色のジムⅡは、もうネモでいいと思う。

 

まとめ

・PDFファイルでの閲覧が面倒だが、市販のMS設定集と変わらない上質な作品であり、一見の価値がある。

 

・ガンダムMkⅢにも実弾を!せめてバルカンポットがあれば…。

 

・そして、シャア(クワトロ大尉)は「ガンダム」の名を冠した機体に乗ることはなく、8号機はジオンの怨念渦巻く最中へ消えていったのだった。

 

スポンサーリンク

アドセンス 関連広告

-アナハイム・ラボラトリー・ログ, 機動戦士ガンダム, 矢立文庫
-, , ,