『ロボネタッ!』

『機動戦士ガンダム』シリーズのネタを中心に、いろんな「ロボット」に関する事を紹介するブログ。アニメ、「ス-パーロボット大戦」等のゲーム、マイナーなMS紹介など、個人的に気になることや、おすすめのもの、その感想を「独断と偏見」で書いていきます!!

ゲーム 機動戦士ガンダム

「LINEガンダムウォーズ」とはどんなゲームかまとめてみた。

2017/08/11

もはや、若い人を始め、使っていない人はおろか、全国でその名を知らない人はあまりいない程、に普及した無料通信アプリケーション(でいいのか?)『LINE」では、『スタンプ』を始め、さまざまなサービスが展開されている。

 

余り最新の情報に疎い私も、やっと今年になり使い始めたが(遅すぎだろ!!)、使用してもさほど通信料を食わない(超重要!!)のにも関わらず、そこそこのパフォーマンスにはビックリした。

 

まさに、気分は『ファーストガンダム』の「ガデム大尉」である!!(もはや骨董品とも言える「旧ザク」で、連邦の最新鋭機たる「ガンダム」に挑み負けてしまった、老獪なベテランジオン兵。)

 

6460343_p0_master1200

画像出典:http://dic.pixiv.net/より

「あああっ、れ、連邦軍はあれほどのアプリケーションを、か、開発したのか。うわあーっ」

 

と、言いたくなるぐらい便利なアプリケーションであった。

 

それはともかく、このLINEでは様々なゲームを楽しむことができるが、「ガンダム」に関するゲームがあるのか気になり調べてみたら、

 

『スーパーガンダムロワイアル』と、今回調べることにした『ガンダム・ウォーズ』がヒットした。

 

(正直、LINEは結構普及しているのに、この2件しか見つからず、まだ参入の余地があるのか、見込みがないのか?まだまだこれからという感じである。)

 

ちなみに、「スパロボ」で探すと、1件も見つからなかった。

(もっとLINEのアプリにも本腰入れてよー!!2016、07/12時点。)

 

『スーパーガンダムロワイヤル』はすでに、ゲームをプレイすることができるが、『ガンダム・ウォーズ』は現時点では、事前登録を募集しておりまだ遊ぶことができない。

 

そこで、今回はこのゲームがどんなものか調査する事にした!!

 

スポンサーリンク

『ガンダム・ウォーズ』の概要

まずジャンルとしては「シミュレーション」で、2016年の夏の配信予定となっている。

 

基本プレーは無料で、アイテム内課金があるという。

 

ゲーム画面としては、↓の様な感じで、

c9ea3dad86d667eac09296abbc696966

画像出典http://app.famitsu.com/20160708_767087/より

デフォルメされているようだ。いわゆる『SDガンダム』ではないか!?と思ってしまう。

 

(かわいい感じにするなら、瞳アリのSDガンダムのほうが「より」良いんじゃないだろうか?と思ったりもするが、左のクマである「ベアアッガイ」は可愛いのに…)

 

51622

画像出典:http://dic.nicovideo.jp/より

同じ「ガンダム」だけど、↑のほうが愛嬌がある気がするのは私だけだろうか……?ともあれ製作者には意図があって、あえて『SDガンダム』のタイトルをつけないゲームにしたのかもしれない。

 

スポンサーリンク
 

ゲームシステム

・最大5機のモビルスーツ+戦艦の部隊を編成して戦闘を行う。
・画面から迫ってくる敵を倒していく
・画面に登場する敵をすべて倒し、ステージクリア

というシステムだそう。「手軽にあそべる」を重視しているゲームだといえるだろう。

a629ea0f60b7266aa2b69f435c11e45b

画像出典http://app.famitsu.com/20160708_767087/より

 

戦闘は基本的にはオートで戦ってくれるが、その間、プレイヤーは、各モビルスーツの下にあるゲージを貯めて「必殺技」を発動したり、「前衛」・「後衛」の概念があるので、その入れ替えを任意に行うことができる。

 

ちなみに「前衛」「後衛」のポジションの概念は、通常攻撃・必殺技の変化等があるので重要な要素になると思われる。

 

またモビルスーツにはそれぞれパイロットが乗るので、パイロットの持つ「スキル」なども関係してくるそうで、それらを組み合わせてステージを後略していくことになるだろう。

 

3種類のゲームモード

「ノーマルミッション」:数多くのミッションがある。
「ストーリーミッション」:原作のストーリーを模したステージで遊べる。
「バトルアリーナ」:他のプレイヤーと対戦できる。

 

ストーリーミッションは、現時点では4種類、

「機動戦士ガンダム」
「機動戦士ガンダム」
「機動戦士Zガンダム」
「機動戦士ガンダムSEED」

のストーリーを再現したステージがあるという。今後の配信で、ステージが追加されることは十分ありうるので、期待したいところだ。

 

(個人的には『閃光のハサウェイ』を再現してほしい。だがしかし、その場合、原作には特に目立った「母艦」は登場しなかったから、難しいのだろうか…?)

 

「バトルアリーナ」では、通常のステージ同様、「最大5機のモビルスーツ+戦艦」の部隊で互いに戦うことになる。

 

cbfc30525502b38f0e0e6940319f80c3

画像出典:http://app.famitsu.com/20160708_767087/より

 

デフォルメされたガンダムたちが集うと、こじんまりとした雰囲気に見える…。なんだか担任教師(母艦)の参加有りでの、「クラス対抗ドッジボール」でもするかのような画面だ。

 

この他、機体のレベルアップや、改造、パーツやアイテムを入手できる「ガチャ」など様々な要素が登場するが、それはゲームをプレイすれば追々わかることなので、今回は割愛することにする。

【PS4】SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス 【早期予約特典】スペシャルダウンロードコンテンツ配信&【Amazon.co.jp限定】特典 (アイテム未定) 付

新品価格
¥8,856から
(2016/8/28 02:37時点)

まとめ

一通り,LINEアプリのゲーム『ガンダム・ウォーズ』について紹介してみたがどうだったろうか?

 

全体的に「気軽に」遊べるという印象を私は持った。LINEという手軽に使えるツール上ライトな遊び方ができるガンダムゲームもありなのではないだろうか?

 

「Gジェネ」などの本格的なゲームも良いが、「パズどら」のように空いた時間にチョチョとできるゲームもよいと思う。この『ガンダム・ウォーズ』は例えるなら、

 

「パズドラ」以上、「Gジェネ」未満という感じがする、両者の良いとこ取りなゲームだと思う。

 

(※ゲームの出来のことではなく、「手軽さ」を中心に考えた時の私の感想に過ぎない)

 

このブログを書いた時点では、事前登録を募集しているが、LINE『ガンダム・ウォーズ』のツイッター公式アカウントをフォローすると、モビルスーツに乗るパイロットがプレゼントされるという。気になる方は、是非登録してみてほしい!!

 

(ちなみに私はツイッターのやり方は知らない。というか、使ったことがないが……。)

 

スポンサーリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

アドセンス 関連広告

-ゲーム, 機動戦士ガンダム
-, ,